カテゴリー「 実占例 」の記事

13 件

少し前に欧州の友人を占った時の占例です(プライバシー保護のため一部内容を編集してあります)。

親族のBさん(男性、小さな子供が二人)が、精神を患って半ば育児放棄した妻と離婚調停中だが、無事に親権を得られるか、との相談でした。

奥さんは時として子供たちに対して暴力的な振る舞いもするとのことで、できれば子供たちを完全に引き離したいと思っているとのことでしたが、、、

まずはBさんの立場からカードを展開すると、次のようなレイアウトに。

Bさんをあらわす男性のカードの過去には、「こうのとり」のカード。これは養育を表すカードで、母親を指すことも。

「誰か保護者的な女性がそばで支えてくれているみたいね。Bさんのお母さんか、お姉さんかしら?」

と尋ねると、

「今子供たちはBのもとにいて、母親(子供たちのおばあちゃん)が母親代わりに面倒を見てくれているの」

とのこと。

男性のカードの隣のもう一枚は「熊」のカード、これも母親を指すことがありますが、ここでは親権、養育権を表しているよう。

「本」は調査や法律を表し、最後のクローバーは運の後押し、ハッピーエンドを意味するので、

「親権についてはまだもう少し裁判所側の調査に時間がかかるみたいだけど、最終的にはBさんが親権を獲得することになりそうよ」

と告げておきました。

 

念のため、裁判所側の立場からもカードを展開してみると、

裁判所をあらわす「塔」のカードの左手にはふたたび「熊」のカード。

「裁判所は子供たちの養育についてとても真剣に考えているみたいね。それと、奥さん自身の精神状態や親としての適性はともかくとして、まだ小さな二人の子供には、「母の存在」は無視はできないとも考えていそう。たとえBさんが親権を得ることになっても、奥さんと子供たちが何らかの形で接触を続けられるようにと、そんな計らいがありそうね。

最後の指輪は問題の解決や完全さを表すから、Bさんとしては奥さんの振る舞いに心配は残るかもしれないけど、裁判所の判決は最終的に信頼できる解決策になりそうだから、きっと大丈夫」

と、そんな鑑定結果になりました。

 

この占い自体は4月半ばごろだったのですが、やはり諸々の調査や検討に時間がかかり、つい先日になってやっと裁判所から判決が出たとのことで、友人が結果を教えてくれました。

判決内容は占い通りで、Bさんが完全な親権を得、かつ、奥さんはケアワーカーもしくは自身の親が同伴することを条件に、毎週末子供と面会するように、ということになったそうです。

 

ルノルマンはシンプルで、タロットに比べて答えがストレートに出やすいのが魅力の占いですが、そのシンプルさの奥にはいろいろなニュアンスが含まれていて、それをつづり合わせて答えを引き出すところが、楽しく、そしてなかなかチャレンジのしがいがあるところです(^^)

どんなにシンプルでもやはり、占いは占いですから、パパッとマスター!というわけにはいきませんが、ルノルマン独特のリーディング方法をひとたび身に着けることができれば、本当に頼れる相棒になってくれます^^

こちらではすっかりご無沙汰してしまいました;;;

昨日のこと、おもしろい?カード展開がありました。

いつもならコミュニティのほうにアップするのですが、せっかくなのでこちらで(^^)

daily140222

「今日気をつけるべきことは?」という質問で、3枚のカードをランダムに引きました。

使用したカードは、根強い人気の「ミスティカル・ルノルマン」^^

デイリーリーディングであっても、漠然とカードを引くよりは、具体的な質問を立てて占ったほうが、的確なメッセージが引き出せます。

わたしは既婚なので、真ん中の「男性」は夫であるとすると… 両脇のネガティブな二枚がめちゃくちゃ気になります^^;

「雲」は、精神の混乱とか曖昧さ、妄想、浮ついた気持ち、

「山」は、厳しさや冷たさ、孤独、寂しさ、障害など。

混乱していて孤独な旦那様???^^;;

…に、気をつけなさい?^^;;;;;;

なんだかよくわからないなぁ~何が起きるのかしら、と思いつつ、このミスティカルの「雲」に描かれている、龍が吐き出している黒煙が、なぜか気になったのでした。

そして、そんなカード展開も忘れてかけていたお昼下がり…

食後、二階でお茶を飲んで家族で一息ついているところに、なんだか変な臭いが…

わたしは結構、音や臭いに敏感なのですが、主人はそういうのに疎いタイプ^^;

私: 「なんか変な臭いがするよ」

夫: 「タイマーでストーブがついたからじゃない?」

私: 「ううん、そんな臭いじゃない、もっと変な臭い、ゴムが焼けるような…」

というところで、主人が下の様子を見に行くと…

しばらくして、もくもくと灰色の煙が上がってきた…!

「えーーーっ、何が起きてるの?!?!」

と、下まで駆け下りていくと、ストーブの間近で乾かしていたという主人のゴムブーツが黒焦げに。。。

その瞬間、デイリーのカードを思い出したのは言うまでもありません。

幸い、ブーツが焦げただけで済みましたが、もし家族で外作業などしていて気づかなかったら、いったいどうなっていたか…

本人いわく、ごちゃごちゃと考え事に気を取られて(「雲」)、電源オフだしすぐに片付けるからと、うっかり置いたままにしてしまったそうです。

それにしても、ストーブの間近に燃えやすいものを置いておくなんて、どういうこと!と、わたしからは何度も雷(これも一部の雲のカードに描かれています・笑)が落ちて、拒絶された感ですっかり参った「山」かな?

それとも、山のカードは、遠くとか隔絶という意味合いがあるので、雲のカードと合わせれば、空想や考え事で「心ここにあらず」な旦那様、というふうにも読めます。

朝のうちにここまで読んでおいて、夫に注意しておけば防げたかしら??

デイリーカード、もう少しじっくり読む時間を取ろう。と、思ったのでした^^;

 

タイマーや安全装置など、便利になっていますが、火は、火。

この時期、くれぐれも気をつけないといけませんね。

 

 

易では、冬至に翌年の運勢を占うということをしますが、昨年はルノルマンカードで、自分自身の2013年について占ってみました。

yearly2013

スプレッドはBlock of Nine。

ヨーロッパだけでもいろいろなバリエーションが見られる展開法ですが、ルノルマンカード占いの醍醐味が実感できる、中級レベルのスプレッド^^

本場ドイツでは、上級スプレッドである、グラン・タブロー(36枚全部を展開する総合スプレッド)にステップアップするための、練習用スプレッドとしても使われています。

年間占いは、今まではどうしても課題や試練的なものが多くて(自分のノードが土星に支配されているというのもあります)、なかなか「良いカード並び」というのがない人生(笑)だったので、クローバーやコウノトリ、犬などポジティブなカードたちにちょっとびっくり^^

今年のテーマは「太陽」

障害を克服して成功をつかむ、自己実現そして自己確立のカード。

能動的、男性的なカードなので、もっとアグレッシブ(!)に自分自身の目標に向かっていっていい!というメッセージと読めます。

犬と月、クローバーと騎士も、友人や支えてくれる人たちの存在の大きさ、そこから新しい展開や幸運な知らせが入ってくる暗示のようです。

今までは、誰かのために、何かのために、生きていくという意識が強かったのですが、今年はもう少し、【自分】がどうしたいのか、考えて生きるべきなのかも。

コウノトリ~熊のラインは、経済面での改善が見られること。おお~貧民としては素直に嬉しい^^

子供~道のラインは、「自分はどうしたいのか?」と、いい意味で“自己中”に選択をすることについて、あまりやり慣れてはいないけれど、思うようにやってみればよいということかな。

騎士~月のラインは、経済面で言うと、安定というのとは違うけれど、クリエイティブで新しい収入源ができること…何だろう^^;

確かに、現在、新しいお仕事のプランを(占い以外で)計画中ではあるのですが、クリエイティブ、、、なんだろうか?^^;;

熊を栄養や食事とすれば、食べたいものを食べてもいいけど、運動もしっかり!なんてふうにも読めます(笑)

太陽、熊、月などインパクトの強いカードが並んでいるあたり、今年は自分にとってはとても大事な一年になるようです。

でも、あまり堅苦しく考えず、子供の無邪気さ、好奇心、クローバーの楽観、騎士の身軽さで、いろんなことに楽しんで挑戦していくといいのでしょう(^^)

もうなんと一年の半分近くが過ぎようとしていますが、、、今までとは違った形で自分の人生を切り開いていく時だなぁ~というのは、毎日実感しています。

つい、生真面目にやりすぎる傾向があるので、もっと楽しむようにしないと^^;;;

年末に振り返ったときに、どんな風に見えるのか、また面白そうです。

 

PAGE TOP