カテゴリー「 Weblog 」の記事

4 件

このたび、かねてよりご要望をいただいておりました、「ルノルマン講座」を、やっと開講する運びとなりました

詳しい内容&お申し込みは、こちらのページをごらんください。
http://lessons.lenormandoracle.net

2012年に、初代ルノルマンコミュニティを立ち上げてから、ほんの数年の間に、日本のルノルマン界も激変してきたように思います。

長らく、英語圏では知る人もほとんどいないような占いだったルノルマン占いが、2007年にシルビィ・スタインバック女史が画期的な英語解説本を出版してから、少しずつアメリカで知られるようになっていきました。

そして、わたしが女史に師事しはじめた2011年には、どんどん「ルノルマン」の知名度が上がっていき、2012年には一気にアメリカ国内でブームへ。と、同時に、いろんな手法が入り乱れて、混乱の兆しに…。

今、日本のルノルマン界は、ちょうどその頃のアメリカと似た状況のように思います。

アメリカでは今や、70枚を超えるルノルマンデッキもあるとか。

そうなるともはや別物のようにも思えますが、混乱しつつある今だからこそ、「伝統」「正統」に立ち返ることも大切かと、個人的には思う今日この頃です。

というわけで、ナオミ・ノアがこれまで学び、実践してきたフランス伝統解釈によるルノルマン占い講座です。

正統派のルノルマン占いをしっかり学んでみたい方、お待ちしておりま~す

ルノルマン占い実践講座

こちらではすっかりご無沙汰してしまいました;;;

昨日のこと、おもしろい?カード展開がありました。

いつもならコミュニティのほうにアップするのですが、せっかくなのでこちらで(^^)

daily140222

「今日気をつけるべきことは?」という質問で、3枚のカードをランダムに引きました。

使用したカードは、根強い人気の「ミスティカル・ルノルマン」^^

デイリーリーディングであっても、漠然とカードを引くよりは、具体的な質問を立てて占ったほうが、的確なメッセージが引き出せます。

わたしは既婚なので、真ん中の「男性」は夫であるとすると… 両脇のネガティブな二枚がめちゃくちゃ気になります^^;

「雲」は、精神の混乱とか曖昧さ、妄想、浮ついた気持ち、

「山」は、厳しさや冷たさ、孤独、寂しさ、障害など。

混乱していて孤独な旦那様???^^;;

…に、気をつけなさい?^^;;;;;;

なんだかよくわからないなぁ~何が起きるのかしら、と思いつつ、このミスティカルの「雲」に描かれている、龍が吐き出している黒煙が、なぜか気になったのでした。

そして、そんなカード展開も忘れてかけていたお昼下がり…

食後、二階でお茶を飲んで家族で一息ついているところに、なんだか変な臭いが…

わたしは結構、音や臭いに敏感なのですが、主人はそういうのに疎いタイプ^^;

私: 「なんか変な臭いがするよ」

夫: 「タイマーでストーブがついたからじゃない?」

私: 「ううん、そんな臭いじゃない、もっと変な臭い、ゴムが焼けるような…」

というところで、主人が下の様子を見に行くと…

しばらくして、もくもくと灰色の煙が上がってきた…!

「えーーーっ、何が起きてるの?!?!」

と、下まで駆け下りていくと、ストーブの間近で乾かしていたという主人のゴムブーツが黒焦げに。。。

その瞬間、デイリーのカードを思い出したのは言うまでもありません。

幸い、ブーツが焦げただけで済みましたが、もし家族で外作業などしていて気づかなかったら、いったいどうなっていたか…

本人いわく、ごちゃごちゃと考え事に気を取られて(「雲」)、電源オフだしすぐに片付けるからと、うっかり置いたままにしてしまったそうです。

それにしても、ストーブの間近に燃えやすいものを置いておくなんて、どういうこと!と、わたしからは何度も雷(これも一部の雲のカードに描かれています・笑)が落ちて、拒絶された感ですっかり参った「山」かな?

それとも、山のカードは、遠くとか隔絶という意味合いがあるので、雲のカードと合わせれば、空想や考え事で「心ここにあらず」な旦那様、というふうにも読めます。

朝のうちにここまで読んでおいて、夫に注意しておけば防げたかしら??

デイリーカード、もう少しじっくり読む時間を取ろう。と、思ったのでした^^;

 

タイマーや安全装置など、便利になっていますが、火は、火。

この時期、くれぐれも気をつけないといけませんね。

 

 

先日、主人が料理をしている合間に、「おたま」を見失いました^^;

台所で、料理の最中に、しかもあんなに大きなものを(笑)、いったいどこに??と思いますが、二人して探しても見当たらない…

とりあえずその場はもう一つの予備のおたまを使うことにしたのですが、いい機会だからと思ってルノルマンカードで占ってみました(のんきな妻です)。

ルノルマンカード占い

スタインバック流ルノルマンカード占いで人や物などの所在を占うときには、「家」のカードがキーカードになります。

目当ての人や物が「どこにいる(ある)か」の「どこ」についての情報を、家のカードの周りに出ているカードから読んでいきます。

上のカード展開では、まず左に出ている「熊」は食べ物に関するカードでもあるので、熊+家だと場所としてはやはり台所。そして台所の中でも「食べ物」の近く、といえます。

右隣に出ている「犬」は、身近であることの象徴。これらのカードから、「おたま」の在り処は、台所の中の、食べ物の近く、それも主人が立っている場所のすぐ近くでしょう。

「船」のカードは移動手段の象徴ですので、熊のカードと合わせると、「食べ物を入れて運ぶもの」と読みました。そのまま「食べ物を入れて運ぶものの近くよ!」と言うと、主人が、「フードストッカーの脇に落ちていた!」と(^^)

フードストッカーは主人の立っていたすぐ足もとにあったので、犬のカードの示すとおり、「すぐ身近」に落ちていたのですね。

でも最初の時点でそこもきちんと探していたはずが、なぜ見つからなかったのかというと、主人いわく「じゅうたんの色とおたまの色が似ていた」のと、「昼間で電気をつけずに探していたら気づかなかったけど、電気をつけたらすぐに分かった」と言うのです。

カードを見ると、船の隣の「きつね」のカードは、人の目を盗む、陰に隠れて悪さをする、という意味があるので、場所に当てはめて考えると「よく見えない場所」と解釈できます。また、犬の隣の「指輪」は問題解決を、そしてその隣の「星」は電気も表すので、「フードストッカーの陰に隠れているが、電気(星)をつければ見つかる(指輪)」ということ。

実はこんなことまで、カードにはしっかりと示されていたのでした^^

ルノルマンカードの的確さには、いつも驚かされます。

 

PAGE TOP