タグ「 木 」の記事

3 件

実はずっと以前から探していた「絶版ルノルマンデッキ」というのがあります。

オランダベルギー製のNieuwe Lenormand-orakelというデッキで、数年前に出たものらしいのですが、出版部数が限られていたのか、すでに入手不可。

ネットで世界中探しても、どこも売り切れ。

それが、先月になって、ひょっこり見つけたオランダのサイトで、コレクターアイテム(開封未使用品)が売りに出されているのを発見^^

これは!と思って管理人さんに問い合わせると、2つだけ在庫があると。

いろいろご親切に交渉・相談など応じてくださって、それでも、支払いは銀行振り込みのみということで、海外送金手数料だけで8,000円近くかかる(泣)ことなど、悩みに悩んで、、、そうしてついに売買成立したのが今月初め。

出版社にももう在庫がないということなので、この機会を逃したらいけないと思い。。。

送金手続きが済んで、今月14日に管理人さんが発送してくれたのですが、オランダからの個人輸入は初めてなので、届くのが一体いつになるのか?ルノルマンカードで占ってみました。

hetniewelenormand_when

郵便物の到着時期を占うので、キーカードは「手紙」のカードを選びました。

スタインバック流ルノルマンカード占いの強みの一つは、「時期」を占う際のポイントが非常にはっきりとしている点です。

ノー・レイアウトではキーカードを基準に、左ウィングは過去から現在の流れを、右ウィングは未来の展開を表しますが、時期を占う際は未来のタイミングを読むわけですから、右ウィングのカードから、具体的な時期を表しているカードを探していきます。

上のカード展開では、右ウィングは、ブーケ + 船 + 女性 のカードが並んでいます。この中で具体的な時期を指し示しているのは、「ブーケ」と「船」。

ブーケは9の数字から、9日後とか9週間後といった風に読むか、あるいは9月または乙女座の期間を表すカードでもあります。船のカードは3の数字から3日後とか3週間後、3ヵ月後、あるいは3月もしくは牡羊座の期間を表します。

この中から実際的な時期を判断していくわけですが、実際的、というのはつまり、占っている内容(質問)から考えて、そして他のカードの影響をあわせて読んで、一番しっくりくる時期、ということ。

この占いだと、海外からの郵便物を占っているわけですから、エクスプレスサービスを申し込んでるわけでもなければ3日とか4日で来るとは考えにくいですね。かといって、9週間とか9月とかとなると、いくらなんでも遅すぎなわけで、他に「遅延」を表すカードが出ていない以上は、これも考えにくいということになります。

ちなみに、ノー・レイアウトでは、キーカードに近ければ近いほどカードの意味や影響力も強くなるので、キーカード「手紙」のすぐ右隣に出ている「ブーケ」のカードが、「いつ届くか?」の質問にもっともストレートに答えていると考えることができます。

というわけで、上のカードから、注文したカードデッキは、この占いをした日(14日)からだいたい9日程度で届く、と結論しました^^

ブーケの隣の船のカードは、船や飛行機などの輸送手段も表すので、郵便物が配達されることの象徴と見、その次に出ている「女性」は、荷物が届くのを待っているわたし自身を表していると読むと、「ブーケ + 船 + 女性」は、9日以内にわたしのもとに配達される、というふうに読むことができます。

14日から9日を数えると、23日になりますから、それまでに届く予想になりますが…さて、実際の展開はいかに(^^)

届いたらまた記事にアップしますね。

ちなみに、左ウィングの「木 + ハート + こうのとり」は、こうのとりが「出発、旅立ち」を意味するので、このカード(郵便物)がすでに発送された事実を表し、そして「木」は縁やカルマなど見えないつながりを、「ハート」は愛情や情熱を意味しますから、このカードを手にするまでの過程として、管理人さんやカードそのものとも確かに「ご縁」があったのだということを表しているようです。

(この占いの後日談はこちら^^)

今日のカードは見るだけで心がウキウキしてくるカードたちが揃って、朝からいい気分♪

ルノルマンカード占い

木 + ブーケ + 手紙 + 庭園

基本的にデイリーリーディングは3枚ですることが多いのですが、3枚目の手紙が何かしらの知らせを表すので、どんな知らせなのかを知るために、もう一枚追加した形。

のカードは、しっかりと大地に根を張り、豊かに枝を伸ばして、心身ともに健康な状態。最近体調がいまひとつなのでこういうカードは嬉しい^^

ブーケは幸せや楽しみのカード。木のカードと組み合わさると、健康面の回復をも意味するので、これも嬉しい展開。これまで自分の中で思うようにならなかったいろんなことが、やっとまっすぐに整ってきている感じ。

手紙のカードは知らせやコミュニケーションを表しますが、郵便物や宅急便などの配達物も含まれるので、うーん、実際にいろいろ荷物が届く予定はあるのだけど(笑)、すでに決まっている予定をわざわざカードが出してもしょうがないので、それ以外でやはり「知らせ」なり「届くもの」があるのかな…

手紙の追加説明として引いたカードは20番の庭園。複数、たくさん、という意味があるので知らせや荷物が複数届くことを指しているとも読めるし、第一印象としては、庭園はたくさんの人が集まる楽しい場所を表すので、「何かしら人の集まり(グループ)からの、またはそういう場所への、招待や知らせ」と解釈しました。

さて、今日はどんな一日になるのでしょう^^
後日フィードバックをアップします。

 

*2012年6月11日更新 *

この日の「手紙」+「庭園」のコンビネーションは、どうやら天国のおばあちゃんからのメッセージを表していたようです。

ルノルマンカードを出した後、お気に入りの「ユニコーン・オラクルカード」を引くと、なんと3回続けて「Grandparent」のカードが飛び出したのです。すぐに、「おばあちゃんだ」と分かりました。

わたしは祖父は二人とも戦時中に亡くなっていますが、祖母はどちらもとても孫を可愛がってくれ、とくに母方の祖母は、たぶん両親以上にわたしのことをいろいろ気遣っていてくれた人でした。

スタインバック流ルノルマンカード占いの素晴らしい所は、死者とのコミュニケーションや前世占いにも使えること。とても的確な答えを教えてくれるのです。

「今日のカード」に話を戻すと、「庭園」のカードに直接「天国」という意味があるわけではないのですが、天国はキリスト教でも天のパラダイスとして描かれていたり、仏教でも極楽という表現があることなど考えると、あえて天国を現すカードを選ぶとしたら、おそらくこの美しい「庭園」のカードが一番しっくりきます。またこの日の展開で出ている「」のカードがなによりスピリチュアルな意味のカードなので、そして庭園の二枚がそろったことで、この日のカードはとても霊的なメッセージを含んでいたと考えることができます。

祖母はというと、だいぶ前からあちらの世界で「さらに上のレベルへ」進むように招かれていたのを、わたしのことが心配でなかなか見守る立場を離れることができなかったようです。。。

これから何度か占いを重ねて、祖母の霊が言い残すことがないように(笑)、耳を傾けていきたいと思っています。

 

ルノルマンカード占いは、日本はおろか、世界でもまだまだ一部でしか知られていない占いです。

縁あってスタインバック女史と知り合い、女史の革新的な手法を学んできましたが、このブログでは、ルノルマンカードの実占例を中心に、ルノルマンカード占いの素晴らしさをご紹介していけたらと思っています^^
(詳しくはAbout をご覧ください)

さて、ブログを始めるにあたって、このサイトの今後の発展性について、さっそくルノルマンカードで占ってみました。

ルノルマンカード占い

使用デッキはBlue Owl

インターネットブログのキーカードは27番「手紙」を選びました。

「木」のカードはこのブログがスピリチュアルなテーマを扱っていること、また土台としての知識やバックグラウンドが強固であることをあらわしているようです。

「子供」のカードは新しく始まったばかりの状態。これが初めての投稿ですから、それこそ生まれたてのブログという感じ^^

「ゆり」「山」のカードは、ブログを始めたいと思いながら実際にスタートするまで、これまで何ヶ月も時間がかかってしまった過去を的確に表しています。「ゆり」のカードは、時間がかかったこと、かけたことには実は大切な意義があったことも示しています。

未来に目を転ずると、「騎士」のカード。新しい展開、それも比較的早い段階で、何かしら新しい変化または知らせがある暗示です。何だろう?^^

その展開がどんなものか気になったのでカードを追加すると、「魚」そして「クローバー」のカードが。魚はビジネスやビジネス上のやり取りを暗示しているようです。何かビジネス面での発展の可能性があるようです。クローバーのカードは幸運の暗示ですから、このブログをきっかけに、新しいお仕事上の展開やご縁に恵まれるということかもしれません^^

騎士のカードには「更新」の意味もありますから、とりあえずは継続的にブログを更新できるように頑張ります笑

 

2012年6月7日
ナオミ・ノア

 

PAGE TOP