タグ「 棺 」の記事

3 件

あらためまして、新年おめでとうございます。

タイトルが、穏やかではありませんが・・・

向こう一年間の日本についての占いで、不穏な暗示がいくつか出てしまったので、なかでも気になった事柄をより詳細に占ったうちのひとつです。

こういった占いは、雑誌やTV、占いモールなどでは、「不安を煽るので、出さないでください」と言われたりしますが、こちらのブログに書くことは、あくまで、わたし個人が気になることを占ったもの、またはクライアントさんから了承を得た実例を、ルノルマンカードに興味のある方、ルノルマン占いを学びたい方の参考のために、載せています。信じるかどうかはご覧になる方の自由ですので、そのあたり、ご了承くださいませ。(私はもちろん、カードの告げることを信じて占いをしています^^)

 

御嶽山の噴火もまだ、記憶に新しく、ショックも癒えていないとはいえ、世界に目を転じても、昨年あたりからアイスランド、インドネシア、アフリカなど各地で大きな噴火が続いているようです。

もちろん、いつの時代も、どこかでつねに火山の噴火はあったのですが、ここのところの噴火は、規模や、地震および異常気象との連動が、個人的には気になっていました。

日本は火山大国とはいえ、富士山、箱根山などは最近のニュース欄でも時々、話題を目にしますね。。

そこで、気になる「富士山は近々噴火するでしょうか?」という質問を、ルノルマンカードで占ってみることにしました。

 

IMG_0135

富士山をあらわす「山」のカードが、グラン・タブローの最上段に。。

これは、もう、「いつ噴火してもおかしくない」状況です。

山のカードの下にある、「棺」のカードが、グツグツと内部で煮え返る、マグマ溜まりを暗示しているようにも見えます。

棺のカードは占星術的には「冥王星」と対応しますので、やはり破壊的な力が富士山(山)の地下に蓄えられているといえるでしょう。

そのさらに下には「熊」「錨」のカードが続き、熊はそのエネルギーの大きさを、そして錨のカードは深さ、および「プレート」からの影響を暗示しているようです。

 

「本」のカードは調査がなされていることやデータ収集が行われているとも読めますが、閉ざされた本ですので、「すべてを知ることはできない」「人間にはわからないことが多い」「データや調査で予知は難しい」ということになるでしょう。

山のカードが出ているのが7室であることも、人の目を欺く、といった意味合いになり、一見穏やかであったり、あるいはたとえ火山性微動などの“前兆”のようなものがあっても、それだけでは噴火の有無を判断できない、ということのようです。

 

気になるのは、直近の未来に出ている「犬」。

これは、「伴う」「ついていく」「あとに続く」といった意味で、つまりは、「友」のような存在の、おそらく別の火山が先に噴火し、それに続いて富士山も噴火する、という暗示に思えます。

富士山の「友」といえば、やはり、同時期に同じプレート活動でできたと言われる「箱根山」でしょうか・・・。

ときどき言われている、箱根山と富士山の連動噴火が、やはり濃厚なのだとすると、箱根山が怪しい様子を見せたら、近辺にお住いの方は本当に要注意、と心づもりをしておかれるのが賢明かもしれません。

一方で、昔の浅間山の大噴火などは、遠く離れたアイスランドの「ラキ火山」の大噴火に“連動”して起きたという情報もあるので、富士山の本当の「友」がどの火山なのか、断言は難しそうです。

アイスランドでは、すでに昨年から、バルダルブンガという火山が深刻な規模で噴火を続けているようなので、用心には用心を重ねたいですね。

かくいうナオミ自身も、活火山からそう遠く離れていない場所に住んでいるので、日頃から備えを心がけていきたいです。

 

今回の展開の中には他にも、なぜかは詳しくわかりませんが、海や空での事故が、大きくみれば、富士山の噴火の前触れ的に、関係があるらしいことも暗示されていました。特に電波や通信、レーダーその他のテクノロジーが、「富士山噴火に影響を及ぼす同じエネルギー源」から妨害を受けるようです。

いずれにしても、備えあれば憂いなし、気をつけて過ごしていきましょう。

昨日のデイリーリーディングはスリーカードで、「棺+船+クローバー」が出ました。

ルノルマンカード占い

ルノルマンカードに限らず、たいていどんな占いカードにも「怖いカード」というのが含まれているものです。

タロットカードなら「死神」や「塔」、プレイングカード(トランプ)ならスペードのエースやスペードの9など…

ルノルマンカードは、なにより絵柄が愛らしいデッキなので、36枚すべてを眺めても、いかにも「怖い」というカードは基本的にないように思います^^

ただ、カードの意味として、「怖い」と感じるかもしれないものは確かにあって、たとえば上のスプレッドの最初に出ている「棺」のカード。

棺、棺おけは、死者をおさめる箱ですから、このカードの意味として昔から「死」がメインのものだったことは、想像に難くないと思います。

ただ、このカードが出たからといって、文字通り誰か-たとえばカードを引いた本人が死ぬとかいったことにはなりません。それは、タロットで「死神」が出るときと同じことですね^^

もちろん、文字通りの死を意味することはあるにはあるのですが、、、それでもそういう場合は、「棺」のカードだけでなく、ほかにも一緒に「命の終わり」や天国への旅立ちを暗示するカードが出るものですし、そもそもいくら占いカードだからといって、ある日突然、脈絡もなしに、「あなた今日死にますよ」なんてことを言い出すカードは基本的にありませんので(笑)、棺が出たからといっておびえる必要はありません(^^)

昨日の展開の場合は、棺のカードは「すでに終わったもの」「比ゆ的に死んでいるもの」を表していると読んだのですが、船のカードはそういう「終わったもの」を後にして新しく旅立つことを、クローバーはその先に幸運や幸せが待っていることを、表しているようです。

実際は、確かに…過去のつながり、終わったものと自分の中ではケリをつけていた「ある人」から連絡があり、どうしたものかと思いましたが、カードの意味を考えて、返信はせずにおきました。

カードを出していなかったら、「挨拶くらいはしたほうがいいかな…」と迷ってしまったかもしれません^^;

棺のカードは、また改めてカードの解説の記事でもお伝えしますが、大きな変化、何かが終わることで新しい始まりがやってくる、そんなふうにとらえておくといいと思います。

 

ルノルマンカードで大事なペットの気持ちを占えると知ったら、やってみたい!という方はけっこういらっしゃるのではないでしょうか(^^)

わたしも犬、猫どちらも複数飼っているので、時々気になることがあると、ルノルマンカードで占っています。

もちろん、タロットでも占えるには占えるのですが、タロットはもともと、運命や未来などもっと「大きなテーマ」を占うほうが向いているので、日常の比較的細かなことは、ルノルマンカードのほうが具体的な答えが出ます。

最近も、普段から寝室をテリトリーにしている愛猫が、以前からお気に入りだったはずのキャットタワー(とくにハンモックが気に入っていた)を使わなくなってしまい、代わりに、隣の部屋(主人の仕事部屋)の、ちょっと狭くて低いキャットタワーで過ごすことが増えてきたのです。

もちろん、猫なので、飽きちゃったとか日当たり具合が気に入らないとか、そういう理由も考えたのですが、それにしては様子が変…。

それがどうも、ちょっと拗ねているような雰囲気なので、気になって占ってみました。

質問: 愛猫は、寝室のタワーの何が気に入らないの?どうして隣の部屋のタワーのほうに行くのでしょうか?

ルノルマンカード占い

… ブーケ + 魚 + 棺 +  + 太陽 + 騎士 + こうのとり …
… 山 + ハート + 蛇 +  + 星 + 男性 …

 

今回はスタインバック流の「マルチレベル・リーディング」という手法で、一度に複数のキーカードを使ってカードを展開し、読んでいきます。ノーレイアウトを複数組み合わせる形になるので、マルチレベル(複数階層)と呼ばれます。

ちなみに、すでに何度も出てきている「キーカード」についてですが、キーカードとは、質問に関連して選ぶ、占いの「テーマ」「対象となる物・人・事」を表すカードのこと。トランプ占いの象徴カードというのに近い考え方です。

まず、愛猫の気持ち・心理を知りたいので、犬や猫などのペットを表す18番の「犬」のカードを、そして、具体的なテーマ、対象として“寝室のキャットタワー”についてどう思っているか?も見たいわけなので、タワーは愛猫にとっての一つの「居場所」ですから、場所全般を象徴する「家」のカードを、それぞれキーカードとして選びます。

占いの的中率を最大限引き出すには、当を得た質問をすることと、この「キーカード」の選定が、とても大事です。

♣  ♡  ♠  ♢  ♣  ♡  ♠  ♢  ♣  ♡  ♠  ♢  ♣  ♡

まず1段目の「寝室のキャットタワーについての愛猫の気持ち」から読んでみると、

家の左隣は〈棺〉、場所に関して出ると暗い場所とかジメジメした場所、ということになりますが、寝室はかえって東風が入って、どちらかといえば爽やかなほうなので、「暗さ」が気に入らないようです。なぜ暗いかというと、日中は陽が入ると暑いため遮光カーテンを閉めているんですね…。棺のカードも、棺を覆っている布が描かれていて、うーんなるほど。。

右側の太陽は文字通り「太陽」や「日当たり」のことでしょう。カーテンが閉まっていて暗いのがイヤ。本当はお日様に当たりたい。そんな愛猫の気持ちがこれら二枚のカードに出ています。

棺のカードにはまた、「終わり」「無活動」の意味もあります。何が終わってしまったのか?は、棺のカードの前のカード-カードは左から右に並べますので、位置的には棺の左側のカード-を見ます。

ここでは〈魚〉、活動を表すカードです。一緒に〈ブーケ〉が出ていますので、楽しい活動、ニャンにとっては「遊び」でしょうか。前はタワーでオモチャを使っていろいろ遊んだのに、今は……そんな気持ち。確かに最近は、忙しくて遊ぶ時間が減っていました(泣)。

右ウィングのほうに移って、太陽のカードの隣は〈騎士〉と〈こうのとり〉。左ウィングは過去~現在の流れや事実を表すのに対し、右は意図や願望、未来が出ます。騎士は新しい展開、こうのとりは移住や移動ですので、太陽とあわせて読むと「お日様に当たりたいから別の場所へ行く!」ということになります…(´;ω;`)

夏だし、我が家はエアコンもないし、ニャンは毛皮を着ているし…カーテンを閉めてなるべく涼しく、と思ったのが裏目に出ていたんですね(-ω-。)

ということで1段目のカードは、「もっとお日様に当たりたいのに、カーテンが閉まってて暗くてイヤ。それに前みたいにタワーで遊んでくれないし…」という、愛猫の不満を表しているようです。

2段目を見ると、愛猫を表す〈犬〉のカードの左側は〈蛇〉。うーんあんまり見たくないカード。嫉妬や偽りを意味します。キーカードの右は〈星〉で、新たな希望や羨望の的を表します。明らかに、おへそを曲げているし、ニャンなので直接的な嘘というよりは、何か自分を偽っている-本当の気持ちを隠して、何かのフリをしているようです。

蛇の隣は愛情や心を表す〈ハート〉のカード。ハート+蛇で、心を偽る、愛情を偽る、心変わりのフリをする、という感じ。その原因は…〈山〉。相手にされずに淋しい、というカード。お日様が当たらない、という物理的な理由以外に、「ママが遊んでくれない、かまってくれない」そんな気持ちから、やっぱり拗ねちゃっていたみたいですね(>_<)

それで、右ウィングを見ると、星の隣に〈男性〉のカード…これは仕事部屋で仕事(星はパソコンも表します^^)をしている主人ですね。星+男性で、主人に新たな希望を感じていると読めますが、左ウィングのカードが愛猫は「心を偽っている」事実を告げていますので、主人がいる部屋のタワーへわざと行って、「ママが構ってくれないならパパのほうに行っちゃうから…」というフリをしていたようです。

ペットの気持ちって、自分ではちゃんと分かっているつもりでも、実は的外れなことをやっていたりしますね…今回は改めて反省。

ルノルマンカードはその時々に応じて本当に具体的な答えを出してくれるので、頼りになります。

PAGE TOP