ルノルマンカード24番、ハートの話です。

愛のカードではあるけれど

わたしの実践講座で解説している通り、24番が出たらいつでもイコール恋愛感情あり、とはいきませんが、もちろん、バッチリ恋愛モードを表すケースもちゃんとあります。
本人の気持ちの中心や周辺にこのカードが出ないのに、本気で好きだとか嬉しいとか、それを心から求めていると解釈していいの?と疑ってみるケースもあります(枚数の少ないスプレッドなどでは、リングなど他のカードがハートを包括している時もあります)。

間違いなく言えるのは、感情が重要

または感情が動く、動いているということ。

感情の問題である、結論は感情次第である、良くも悪くも感情に動かされている、といった意味合いが含まれています。

感情は見方・考え方次第で180度変えることもできますし、時とともに変わってしまうこともあります。

感情は時に頑迷で、時に脆いものです。

とはいえ、ハートなくして幸福もないでしょう、好意や喜びも。

そして、愛?

愛してる?
愛してくれる?
それはもしかしたら、気持ちだけのこと?

ルノルマンのハートのカードは、あえていうなら、愛のカードというより「愛情」のカードなのかもしれません。

愛情と愛は違います。

愛情とは、「愛したい」という 感情 です。
愛とは、
「愛したい(好きな相手、愛おしい相手に対して)」や
「愛すべき(我が子やペットなど責任を負っている相手に対して」を
行動に移すこと。

愛したいという感情である「愛情」は、行動がともなって初めて愛になります。難しいですか?
「愛してるよ」と口で言うばっかりで具体的に何も気遣ってくれず自己中な人を想像してみれば、「愛情」はあっても「愛」はない、という具体例、わかりやすいでしょうか?
(昔の夫を思い出しつつチラリと視線を送る……ビクッとする夫

ハートのカード1枚だけを見て、恋愛感情は確かにあるとしても、ちゃんと愛してくれるかどうかまでは保証がありません。

愛は行動。

ということで行動してくれるか、気持ちだけか、それが問題だ(笑)
そこを他のカードで見ていきます。

「行動」を表すカードは、いくつもありますが、

例えばきつね。

「きつね」はざっくりいえば「働く」カード。理想の仕事か天職かなどはまったく関係なく、とにかく家族を養うために手段を選ばず獲物をとってくるわけです。実際のきつねという動物は、とても家族を大事にするようで、夫婦交代で忙しく食糧を集め、保存します。お母さんが赤ちゃんに授乳している間は、お父さんがせっせと働きます。

「自分を好きでいてくれるのはわかるけど、結婚してちゃんと生活できるのか」ということが気になる時、 未来に「ハート」と「きつね」が出ていれば、少なくともグウタラの心配はしなくていいかもしれません。動力源であるハートがしぼまない限り、精力的に頑張ってくれるでしょう。

「ハート」と「熊」の場合、

きつねよりも熊は大量の食糧を確保してくれる気がしますが、例えばきつねは立場とか報酬とかあまり気にせず働いてくれるのに対し、熊は独占欲や支配欲が強い傾向があります。一緒に出たカードによっては、年収が高い代わりに精神的束縛も強いといった可能性も考えられます。

なーんて感じで
「魚」だったら?
「犬」だったら?
「船」だったら??

「ハート」の愛情がどういうカードで補足されるかによって、

現実の行動や関係が変わってくるわけですね。
おつきあいをする前の恋の悩みだと、ともかくハートがあるのかないのかばかり気になる人も多いかと思いますが、実際に恋人として楽しめるのか、家族として幸せになれるのか、となると、ね。

「ハート」は大事だけど「ハート」だけでは、

まだなんとも言えない場合もあったり。