象徴(シンボル)

ナオミ・ノアのルノルマン占い講座【カード解説】3船

大海原を航行する船が描かれます。もともとは大型帆船です。
メインテーマは冒険。人物的にはその冒険の主人公である英雄。どちらも、空想の世界では良い話が多いですが、現実には?

ブルーオウル・ルノルマンカード

ほかに自由な心、開放的な環境、その最たる世界である「海」を象徴します。
ここから応用できるイメージで、実際に占う分野では何のことを示すのかを当てはめていきます。

よく用いられる意味合い

現実の「船」は出港して、寄港、帰港もしますが、ルノルマン占いではほとんど出航のほう、つまり出て行く、出発の意味を受け持ちます。
将来はもちろん、たいていはどこかに行き着くでしょうけれど、その時点のことはこのカードの範囲外です。なぜって?
はっきりした理由。鋭い方はおわかりですね。この解説でもやがて明らかになります。

ともかく「船」は、今いるところからその「外」へ移動します。
動機や目的はさまざま、珍しさ・好奇心のため、新しさのため、大きなチャンスをつかむため、運命にしたがう・運命をきりひらくため。

単純なワードとしては、旅行や転居など移動に関わること、そのための比較的大きな乗り物や手段、未知の領域を表す場所や分野、そして海・海外・外部・異業種など。これらのキーワードから解釈を広げることができますね。

占いのゆくえ、方向性

このカードが良い結果をもたらすかどうかは、まずほかのカードの影響を見るしかありません。そして、あなた自身が、そこから広がる可能性をポジティブにとらえるかどうかにかかってきます。はっきりいいますが、冒険や英雄に「良い」未来や結果だけしかイメージできないとしたら、占いも現実も問題ありです。

ただ、わたしたちは、占い師も相談者も、時に「変化」を「変化しないこと」よりも前向きに考えることができます。例えば、しかたなく変化せざるを得ない状況でも、その状況を前向きにとらえてなんとか皆にとって良い未来をと考えられる時、その人は英雄になるんじゃないかな、とナオミは思います。

ネガティブな意味の場合・注意すべきコンビネーション

ここまででだいたいおわかりのように実は、悪条件の影響を受けやすく、大きな変化に見舞われやすいカードです。

外洋へ漕ぎ出せば、可能性が広がります。未来は未知数。大成功の可能性と一緒に危険も大いにあり、保証されたものなどほとんどありません。

また、必ずしも出航してからの話ばかりではなくて、そのきっかけとなるような想定外の出来事や、想定内だけど望んでいない出来事を示すこともあります。
新しい機会や出会いを求める人には、好都合かも。旧い関係に別れを告げて旅立つ覚悟さえあれば、道は開けるでしょう。

コンビネーションではもちろん、問題を増やす傾向や望まない方向を示すカードと一緒に出た時、よくよく気をつけます。「ねずみ」や「蛇」は、注意深い人にも思わぬ負担を強いるかもしれません。想定内の影響であれば、覚悟の上で奮起して乗り越えることができるかもしれません。

人物や時期

人物としては、運を信じる人、型にはまることより自由と新しさを求めるタイプの人ですね。不安定な感じが2番のクローバーにも似ていますが、まるっきり行き当たりばったりではなく、自分なりの大きな目的や信念にしたがって行動します。

性格と関係ないところでは、外国人や、母国とは異質な文化を好む人、船乗り風やエキゾチックなイメージとか。

時期については、3という数字が鍵となり、3日、3週、3月、3年、その前後。どちらかというと3〜より少し早くなる傾向もあります。占い結果全体の空気で変わります。

デイリーリーディングで出たら

もともと、「船」は出来事そのものよりも、その後の受け取り方や行動が大事なので、1日のこととして占う時は

  • 小さなことに当てはめてみるか
  • 未来の変化のきっかけになる出来事
  • 意識を変えること、新しい発想そのもの

と考えてみてもいいかもしれません。船や海などからも自由に連想を広げてみましょう。

「船」のタグの記事

関連記事: