象徴(シンボル)

ナオミ・ノアのルノルマン占い講座【カード解説】家

比較的裕福な家族の住む家(邸宅)が描かれます。
物理的な建物そのものより、家の機能や役割が重要です。
実際の家は大小・世界中さまざまですが、まずは理想としての豊かな家庭とその住まいをスタート地点として考えます。

よく用いられる意味合い

心理や人間関係を占う時は、家族の絆、そのあるべき姿を基本に。
問題を客観的に見ていく場合は、外の社会よりも家庭内、個人的視点に重心をおきます。
周りのカードによって、家庭や(我が家での)私生活がどうなっているか、どうなっていく(べき)かを見ていきます。

占いのゆくえ、方向性

世界的・歴史的に見れば、例えば愛人が同居していたり、一夫多妻であったり、地域や時代によって「家」のあり方に違いがあるでしょう。でも、そこが生活の拠点であるとか、身を守る空間、帰る場所であるといった共通する意味合いがありますから、いつもそこに立ち返って考えましょう。

カードの性質上、安定・平和を好みます。現状維持に問題がないなら、根本的な改革や変化よりも、安全・確実に充実を目指せる道から探っていきます。

「家」のカードが表すのは、あくまで家庭やプライベートの理想・あるべき姿が「頭上に掲げられている」感じと思って。「プライベートが大事だよ」というメッセージを受けて、実際に自身が理想的な状態かどうかは、周囲のカードからの影響を客観的に見て判断します。

ネガティブな意味の場合・注意すべきコンビネーション

想定外の人物が占い結果に関わっている場合は、さらにその人物の影響が良いものか悪いものかをつきとめておきましょう。追加の占い・カード展開をやってみれば、初心者でもわかることが多々あります。限られたカードから人物をより具体的に特定するには、少し知識と練習が必要です。(わたしの講座でも各カードの人物像や心理は実践講座、分類的な人物の見方は上級講座で解説してます)

「家」が特に嫌うカードは当然ながら「ねずみ」。家そのものや財産が損なわれるおそれ。
家庭を中心に考えると「蛇」による欺瞞や不和、「棺」「十字架」は家族の病気や心理的な問題を暗示します。

人物や時期

典型的な「家」の人物像は、良い環境や人間関係の中で育ち、態度が安定した人。愛情深く、安心感のある、楽しく居心地の良い人。「深さや鋭さ」よりも心の広さが優先します。経験豊富なためにだいたいの人とうまくやっていけますが、心の奥を掘り下げるようなことはあまりしません。

時期は「4」という数を基本に予測する場合と、「予定通り、恒例」という線から想定する場合があります。周囲のカードからも不安定な影響が少ないようなら、まずは確率的にありそうな時期から順に考えてみます。

デイリーリーディングで出たら

家、住まい、そこに住む家族、家庭についてのメッセージなど。
短期的な占いですから自由に、居場所、居心地から連想してみましょう。落ち着ける場所やソファーなどもありです。
何か問題ありそうな展開の時は、家庭環境、または家やPC・スマホやクレジット等のセキュリティを見直すとか。

Top image by Greg Montani from Pixabay

「家」のタグの記事

関連記事: