カテゴリー「 占い師 」の記事

6件の投稿

ナオミ・ノアのルノルマン占い【ルノルマンカードの謎】

謎…というと大げさかもしれませんが、ルノルマンカードについては、いまだにはっきりとした事実がつかめていないことがいくつかあります。

たとえば、ルノルマンその人についても、「マドモアゼル・ルノルマン(またはルノルマン嬢、ルノルマン婦人)」「マダム・ルノルマン(またはルノルマン夫人)」と、日本語でもいくつかの呼び名があります。これは、ルノルマンが生涯独身だったのかどうか、という点がいまひとつ曖昧で、一度結婚して離婚し、その後は独身だった、という説などもあるためでしょう。

ただ現在は、ルノルマンは一度も結婚することなく生涯独身を貫いた、というのがヨーロッパでは一般的な理解のようですから、そうなると「マドモアゼル・ルノルマン」または「ルノルマン婦人」という呼び方が正しいということになりますね^^

そして、ルノルマン婦人は(当時としては当然ながら)子供を持つこともなかったので、その占いの手法やカードなどがどのようなものだったのか?を直接示せるような「証拠」が残っていないのも事実。

実際の占いではルノルマン婦人は、当時一般的だったプレイングカード(トランプ)を使っていたということが、彼女に相談した何人かの人々の手記や手紙に記されているので、占い師としての現役時代には少なくとも、今わたしたちが持っているような36枚の「ルノルマンカードデッキ」を使っていたわけではないのは、確かなようです。

ではこの「ルノルマンカード」はどのようにしてできたのか?

ルノルマン婦人はもともとエッティラに傾倒し、また詩人として社交界デビューすることも目論んで(笑)いた、当時としてはかなりやり手のビジネスウーマンだったともいえ、また、彼女が現在のルノルマンカードに見られるような、熊や蛇や船などのシンボルを手書きしたカードを所有していた、と書き残している人もいて、おそらく、これらのカードの原型はルノルマン婦人の手によるものであろうと考えられます。

スタインバック女史によれば、フランスの著作権事情は非常に厳格で、商業目的で出版社などが無断で「ルノルマン」の名を使うことは不可能とのことですから、「ルノルマンカード」がルノルマン婦人の手からまったく離れたところで作り出されたというのは実際考えにくいことです。

ルノルマン婦人以前に世にあったタロットカードなどは78枚あり、その哲学構造なども実はかなり複雑ですが、ルノルマンカードの素晴らしい所は、一枚のカードにつきシンボルは一つ、それがたったの36枚で、恋愛、結婚、仕事から、運命や過去世、ミディアムシップ(亡くなった人との交信)など幅広いテーマを占えることです。

このシステムがすべて一からルノルマン婦人によるものだとすれば、婦人はカード占いの天才といえるでしょう。

 

Top image by DONT SELL MY ARTWORK AS IS from Pixabay

【ルノルマンカード占いの起源は?】byナオミ・ノア

(これは2013年頃の記事を更新しました)

フェイスブックページとツイッターでもお知らせしたのですが、「ルノルマン占いコミュニティ」が今月初めに新しいSNSにお引越しをしたのですが、(これは2013年頃の記事を更新しました。現在、FBとツイッターは辞めて、コミュニティも運営終了してます)

先日、そちらで、こんな興味深いご質問をいただきました^^

解説書によってかなり違う意味の書かれたカードがあって……

「購入したカードに添えられていた説明とナオミ・ノア先生が一覧にしてくださった意味で、かなり違うカードがあったりして首をひねっています。カードによって複数の意味があったりするのでしょうか? 」

きっと、同じように疑問に思っていらっしゃる方も多いのでは?と思います。

複数デッキを買ったら、それぞれについている解説書の説明が違ったり、、、ということもありますよね。

カードデッキについてくる解説ですが、カード会社が出しているもの(赤箱含む)は、出所が不明なものも多く、レッド・オウルや赤箱の各カードに書かれている詩をもとに意味を「捻出」したらしきものもあれば、そうでないものもありますが、そもそもあの“詩”の成り立ちにはいろいろ説があります。

現代のルノルマンカード「プチ・ルノルマン」の原型

現代の「プチ・ルノルマン」の原型は、1800年代にドイツで出版された「ゲーム・オブ・ホープ(希望ゲーム)」という、すごろく(!)遊び用のカードで、元は、兵隊さんたちが戦場で「無事に家に帰れるかどうか」をテーマに編み出した遊びだと言われています。

6×6のマスにカードを並べ、サイコロを振って出た目の数だけ進み、たとえば4の「家」のカードに来たら家主に2ポイント支払うとか、11の「鞭」のカードに来たら、お仕置きを逃れるために3ポイント支払って「子供」のカードに進む(中世で子供のお仕置きに鞭が使われたことから)、とか、そういう遊戯カードだったのですね。

で、カード上に書かれている詩は、そういうルールを記したものではないかとか、あとは、古いコーヒー占いの解説書と酷似しているというような意見もあります。

ルノルマン婦人と占い上の意味

実際のルノルマン婦人はトランプ占いをしていた人で、直接的に現代の「ルノルマンカード」を作ったわけではなく、カードの意味や占い方もすべて口頭で教えていたため、「何が本当のルノルマンの意味なのか」は、実のところまったく不明なのです。

ただ、ルノルマンカードがヨーロッパ(主にドイツ、ベルギー)で占いとして受け入れられ、発展していく中で、いわゆる「伝統的な」意味解釈が確立されたのは確かで、ドイツ、ベルギーの占い師やスクールは、こうした伝統的な意味解釈を踏襲しています。

とはいえ、伝統的とされる意味も、先生によっていくつか流派がありますし、ドイツとベルギーで違う解釈もあるとのこと。ルノルマンが密かに発展したロシアにいたっては、まったく独自の「伝統」が築かれています。

なので、タロット同様ルノルマンも、いくつもの流派があり、また、カード会社の場合は、買った人の便宜を図っているに過ぎないので、出所不明であったり、カードによってまちまちといったことが生じてしまうわけですね。

昨今のカードブームと、付属する解説書

個人が出しているデッキに付属している解説書の場合は、その個人独自の解釈が盛り込まれていることが大半です。

最近は、アメリカを中心に英語圏でルノルマンがブームで、いろんなアーチストが自由にルノルマンカードを作り、そこに自分なりの解釈(ルノルマンのプロではないのに)を盛り込んで出版したりしているので、タロット界で起きたような混乱が、すでにルノルマン界でも起きつつあります。

どれが正しい意味?

わたしの場合は、結論から言えば、「一番当たる意味が正しい意味」と思っていて、基本的なシンボリズムに忠実でかつ実践に裏打ちされた意味解釈を採用しています。そういう点ではスタインバック女史の編纂したスタインバック女史を通じて学んだフランス伝統式の(2014年4月27日修正)意味体系は大変的中率が高く、わたしの解釈も概ね女史の意味がベースになっています。

正直、ルノルマンカードを初めて手にした頃、カードに付属していたブックレットのとおりに読んでも当たりませんでした^^;

いくつもある流派の中で、「どれが本物か」とか「どれが正しいか」を議論しても、これはエンドレスですし、リーダーの価値観や求めるものによって、最も当たる(合っている)と思うものを選ぶのが良いでしょう。

正しそうな意味や流派を選択する際の注意

ただし、ルノルマンカードを学ぶ上で大事なことは、最初からいろんな流派の意味をいっぺんに学んで、あれもこれもごちゃ混ぜにしないことです。

占いの意味解釈は、潜在意識にとっての文法のようなものなので、英語とスペイン語とフランス語をいっぺんに勉強しても混乱するだけなのと同じです^^

まずは一つの「流派もしくは流儀=システム」をしっかりと学んで、実践で検証し(理論だけでは不可能です)、自分に合っている、納得がいく、と思えなければ、また別のシステムを学んでみるのが、最も効率的かつ混乱の少ない方法だと思います。

Top image by Gordon Johnson from Pixabay

ルノルマン占い【シャッフル】

「シャッフルの方法など、具体的な占いの手順を教えて欲しい」「ルノルマンカードは逆位置を見ますか」とのお問い合わせにお答えしての記事です。(初出は2014年頃の記事を更新しました。お問い合わせをいただいたのはその頃です)


ルノルマンカード占いでは、タロットカードとは違って、逆位置というのは見ません。

中には、オリジナルの手法で逆位置を読む占い師さんなども少数ながらいらっしゃるようですが、少なくとも本場フランスやドイツでは、ルノルマンカードの逆位置を読むということは元々していませんでしたし、スタインバック流でももちろんしません。

そして、シャッフルですが、逆位置を見る必要がないので、タロットのようにテーブル上でかき混ぜることはせず、普通にトランプを切るのと同じ要領でシャッフルすればOKです。

このとき大事なのは、ルノルマンカードで占いたいこと(質問)を、あらかじめ決めておくということ。シャッフルする際は、変に力む必要はありませんが、占いたいことに気持ちを向けておくことは大事なことです。

スタインバック流(ノー・レイアウト)では、質問のほかに、質問にあったキーカードを選ぶということが必要になります。「彼の気持ちや状況」を知りたいなら「男性」のカードを、仕事について占うなら「きつね」のカードを選ぶ、といった具合です。

キーカードについては、まずはカード一枚一枚を理解することが前提となるので、詳しくはまた別の機会にご紹介しますね^^

初めてカードを手にした方は、カードと親しくなる意味でも、ワンオラクル、あるいはトゥーカードから始めてみるとよいでしょう。

まずは占いたい質問を決めますが、いきなり悩み事を占うよりは、まずは「すぐに答えを確かめられる質問」を占ってみるほうが練習になり、上達につながります。たとえば「友達の○○は今何をしているか」「今日会社で一番最初に挨拶を交わすのはどんな人か」とか^^

質問を決めたら、カードをシャッフルします。

シャッフル中は、占おうとしていることに気持ちを向け、いいと思ったところでシャッフルをやめます。

次に、カードを裏向きのまま、テーブル上に虹を描くように広げます。

そこから、ワンオラクルなら一枚、トゥーカードなら二枚を、ランダムに引いていきます。引いたカードは順番に表に返してテーブル上に置きます。

supreme-shuffle-ナオミ・ノア
シャッフル最初の1枚-byナオミ・ノアのルノルマン占い

上のカードで、「今日会社で一番最初に挨拶を交わすのはどんな人?」を占ったとしたら、「魚」のカードは、身だしなみのきちんとした、チャーミングで快活な人、可能性としては男性の可能性が高いですから、そういう人と最初に挨拶をすることになりそうですね^^

一枚のカードにもいくつかの意味がありますから、時に判断に迷うことがあるかもしれませんが、「すぐに答えが分かる質問」を占うことで、「あー、カードはこのことを言っていたんだな」ということが分かるので、カードに対する理解が深まります。

カード一枚一枚の意味も、少しずつご紹介していきますね(^^)

PAGE TOP