カテゴリー「 デイリードロー 」の記事

7件の投稿

ルノルマンカードによるデイリーリーディングは、毎日必ずやっているわけではないのですが、そして、いつも何かハッとするようなメッセージが出てくるわけでもないのですが(人生、平凡な日のほうが多いですよね・笑)、時にズバッと切り込んでくることがあるので、油断なりません(笑)

ルノルマンカード占い

今朝のカード展開。

左から2枚目の「女性」のカードは、女性一般を表しますが、スタインバック流で特にキーカードとしてチャージしていなくても、自分に関すること(特にデイリーリーディングなどプライベートなテーマ)を占った場合は、占った人が女性ならその人自身を表すことが多いです。

なのでこのカードが出た瞬間、「あ、今日はカードが何かわたしに言いたいことがあるな」と直感しました。

特にチャージしていませんが、あえて出てきたこの「女性」のカードをキーカードと見なして読んでみると、左に出ている「ハート」は愛情や情熱を表し、右側に出ている「きつね」は本心を明かさない用心深さや警戒心を表します。

自分の情熱や「本当の気持ち」を隠している女性の姿がカードによって表現されています。

きつねの隣に出ている「ねずみ」はストレスや余計な苦労の暗示。自分の本当の気持ちを隠していると、ストレスが増しますよ、という忠告のようです。

最後に出ている「ブーケ」は癒しと回復の暗示。そのストレスも、一日の終わりまでには何かしらの癒しでかなり解消されるということで、一安心。

さて、実際の一日はどうだったかというと、、、

やはり、わたし自身が、今までずっと心の奥に押し込めてきた欲求や想いがあって…、このカード展開を知っていたので、「もうこれ以上自分の気持ちに知らん振りするのは良くないな」と素直に思え、、、

かなり欲求不満な精神状態になりかけたんですが、夕方、夫にその話を聞いてもらったことで、だいぶ心が楽になりました。

きつね」のカードはよそよそしさ・他人行儀も表すことがあります。今まで自分自身のハートを無視し、裏切ってきたということに、かなり向き合えた日でした。

ルノルマンカードは、「言うべきことははっきり言うわよ」という、ストレートな頼れる友人のような存在です^^

ルノルマン【死のカード】

昨日のデイリーリーディングはスリーカードで、「棺+船+クローバー」が出ました。

ルノルマンカード占い

ルノルマンカードに限らず、たいていどんな占いカードにも「怖いカード」というのが含まれているものです。

タロットカードなら「死神」や「塔」、プレイングカード(トランプ)ならスペードのエースやスペードの9など…

ルノルマンカードは、なにより絵柄が愛らしいデッキなので、36枚すべてを眺めても、いかにも「怖い」というカードは基本的にないように思います^^

ただ、カードの意味として、「怖い」と感じるかもしれないものは確かにあって、たとえば上のスプレッドの最初に出ている「棺」のカード。

棺、棺おけは、死者をおさめる箱ですから、このカードの意味として昔から「死」がメインのものだったことは、想像に難くないと思います。

ただ、このカードが出たからといって、文字通り誰か-たとえばカードを引いた本人が死ぬとかいったことにはなりません。それは、タロットで「死神」が出るときと同じことですね^^

もちろん、文字通りの死を意味することはあるにはあるのですが、、、それでもそういう場合は、「棺」のカードだけでなく、ほかにも一緒に「命の終わり」や天国への旅立ちを暗示するカードが出るものですし、そもそもいくら占いカードだからといって、ある日突然、脈絡もなしに、「あなた今日死にますよ」なんてことを言い出すカードは基本的にありませんので(笑)、棺が出たからといっておびえる必要はありません(^^)

昨日の展開の場合は、棺のカードは「すでに終わったもの」「比ゆ的に死んでいるもの」を表していると読んだのですが、船のカードはそういう「終わったもの」を後にして新しく旅立つことを、クローバーはその先に幸運や幸せが待っていることを、表しているようです。

実際は、確かに…過去のつながり、終わったものと自分の中ではケリをつけていた「ある人」から連絡があり、どうしたものかと思いましたが、カードの意味を考えて、返信はせずにおきました。

カードを出していなかったら、「挨拶くらいはしたほうがいいかな…」と迷ってしまったかもしれません^^;

棺のカードは、また改めてカードの解説の記事でもお伝えしますが、大きな変化、何かが終わることで新しい始まりがやってくる、そんなふうにとらえておくといいと思います。

Top image by Gordon Johnson from Pixabay

ルノルマンカード占い

記事初出の頃の話です(^^)

ごめんなさい~いろいろ忙しくしていて更新空いてしまいました;;;

今、スタインバック女史のティーチングサイトで、9月まで限定でトレーニングプログラムを実施しているのですが、わたしも現在7人の生徒さんを指導させていただいていて、質問や課題提出が集中すると、どうしてもそちらにかかりきりになってしまいます。。

無料で提供しているプログラムなので、完全ボランティア?なのですが、教える側としてとてもよい訓練の機会なので、女史には本当に感謝です^^

さて今日は、カード占いのスプレッドでもベーシックで占いやすい「スリーカード・スプレッド」をご紹介したいと思います^^

デイリーリーディングで使うことが多いですが、パッと答えを知りたい場合には重宝するスプレッドで、ルノルマンカードとの相性もよいのです(^^)

占いたいことを決めたら、カードをシャッフルし、テーブル上に広げてから心を落ち着け、3枚のカードを選びます。
※シャッフルの仕方についてはこちら

カードは、引いた順に左から右に並べてください。

これは、わたしの「今日のカード」です^^

ルノルマンカード占い

1枚目が【ハート】、2枚目が【鎌】、3枚目が【魚】。

質問としては、「今日を過ごす上で必要なアドバイスをください」という形でカードに聞きました^^

スリーカードを読むときには、特にルールはありません。

ルノルマンカードはそもそも、「隣り合っているカード」はどんな場合も互いに影響を与えるので、必ずその組み合わせを意識して読んでいくのですが、スリーカードの場合は3枚しかないですので、どのカードも互いに関連しあっている形になります。

1枚目と2枚目、2枚目と3枚目、そして1枚目と3枚目は2枚目を介してつながっている、という形。

「ハート」のカードは心や愛情、願望などを表します。

「鎌」は本来収穫の道具ですが、切ることには痛みを伴う場合もあるので、決断、決定という前向きな意味と、縁などを切る、決別するというややネガティブな意味とがあります。どちらに取ったらよいのか?は、次にきているカードで判断します。

「魚」のカードは活動、ビジネス、自由や自立を意味するカードで、基本的にネガティブな要素は持っていません。ですので、一つ前の「鎌」のカードは、前向きに読んでいいでしょう^^

今日は、自分の心の願いや愛情に関して、何らかの形で決断が必要となりそうです。ハート+鎌で「心を決める」という感じ。でも、その結果、今までより気持ちも自由になり、停滞していた事柄にも動きが出てきそうです^^

実は、かなり心当たりがあります…(笑)

次は、少し前の占い例。

くつろぎタイムに主人があるドキュメンタリーを観たいと言いました。無料(訂正:すみません、有料でした><)動画サイトで見られるのですが、タイトル的にちょっと微妙。。。笑

レビューを見るとおもしろそうだ、とのことだったのですが、ためしにカードに聞いてみました。

質問: このドキュメンタリーは、客観的に見て、どうなんでしょう?

ルノルマンカード占い

本 + 指輪 + きつね

【本】は秘密、そして調査や研究を表します。

【指輪】は解決策や結論、

【きつね】は疑いや不信です。

あらら^^;

秘密を明かすためにいろんな調査がなされているが、最後に引き出されている結論は、ちょっと疑問…鵜呑みにしないほうがいい、というのがカードの判断でした^^;

観てみての感想は…「はは~ん^^;」

そのドキュメンタリーというのは、「ピラミッド5000年の嘘」というものなのですが、興味のある方は見てみてください^^

スリーカード・スプレッドはこんなふうに、ちょっとしたことでもサッと答えを知ることができるので、とても使い勝手がよい展開法です。

ぜひ使ってみてくださいね(^^)

PAGE TOP