タグ「 カード占い 」の記事

6件の投稿

ナオミ・ノアのルノルマン占い【トランプ図柄は必要?】

ルノルマンカードの占いにトランプの図柄は必要?

タイトルに単刀直入にお答えしますと、はい、必要です。
ただ、トランプの図柄がカードに印刷されていないといけない、という意味ではありません。

わたしも、過去記事で書いたように、普段の占いには、デザイン重視でお気に入りのカードデッキを複数使い分けています。

起源はトランプなので。

ルノルマンカードの占いの起源を考えれば、もともとのトランプ図柄が無関係なはずはありません。

ルノルマン婦人が占いに用いた本当のトランプカードと、現代のルノルマンカードに描かれているトランプ図柄との対応が違っている可能性ももちろんあります。でも、現代のプチ・ルノルマンカードによる占いの様式にもすでに伝統があり、多くの優れた占い師が現在の絵柄・図柄の対応で意味の体系を充実させてきています。

もし、原初の真の対応に完成された世界観などがあるとしたら、自由すぎる解釈がそこをねじ曲げてしまって、問題や歪みが生じてしまうことはあり得るでしょう。例えば、タロット占いなどでは、カードの図柄の象徴と数字との対応に厳格な主張をする人々もいます。

ではルノルマン占いは?

というと、おそらく、厳格な世界観よりも、実践的な経験から真理が見出されてきたのではないかな、とわたしは思うのです。哲学よりも匠の技、みたいな。だから「タロットより簡単!」なのだと。このブログのサブタイトルはダテじゃなくて、みなさんを甘い言葉で誘ってるわけでもなくて。

実占でのトランプ図柄の影響

わたしの場合は、トランプ図柄が全部頭に入ってるからカードに描かれてなくても描かれててもあまり違いがない、ともいえてしまうのですが。占いの時に必要があれば、ああ、これはハートのキングだから、とか思い浮かべることができます、けど、それ、正直いつもやってるわけではないです。

なぜかというと。

正しいカードの意味の理解の中にはトランプの図柄も織り込まれている、ともいえるからです(表面的な想像で書かれたような適当な解説を読んだだけだとダメですが)。カードの意味がちゃんと理解できてさえいれば、解釈の時に改めてトランプを思い浮かべる必要はあまりないということです。これが理由のひとつ。

でも、トランプの図柄が直観的なリーディングにも必要になってくることがあります。わたしの講座でも紹介している人物像のリーディングにも、直接にトランプ図柄が関わっています。また、例えばフランス式のとある占法では、カード展開時にトランプのスートや数をチェックすることがあります。

また、トランプの図柄が特に解釈に関係してくる占い方の時など、そういう時だけ、オーソドックスなブルーオウルやクラシックなデザインのカードを使えばいい、というのが理由のもうひとつです。

トランプの対応を全部覚えていたとしても、描かれていないカードを使いながら記憶を頼りに思い浮かべるのは、初心者はもちろんのこと、熟練しないうちは手間といえば手間です。

だから、例えばグラン・タブローで深く多角的に掘り下げたい占いの時などは、わたしは迷わず、使い慣れているブルーオウルを使います。頭の中で変換する作業を省き、直観的なリーディングの段階を邪魔しないことで、よりスピーディに深い解釈を進めることができるからです。

Top image by WikimediaImages from Pixabay

ナオミ・ノアのルノルマン占い【デッキの選び方】

いくらなんでも体力の回復にこんなに時間がかかるって思わないもので、心が折れてリハビリ休んで、また筋力が落ちて余計にイヤになって、少し元気が出てきてリハビリ再開→最初に戻る、のループです。

でもね、このところはお天気良くて実際、気分いいです。それで久しぶりにブログを書いたりできてます。

占いも、気になったことをチョコチョコと、ベッドの上でカード展開しています。お気に入りのカードデッキも季節ごとになんとなく変わってきたりして、その都度交代させてます。だいたい常時3〜4種類くらいがデッキ用の袋にまとめて入っています。

グラン・タブローなど複雑な展開の時は、シンプルにスタンダードのデッキが、やはりしっくりきます。一方で、独特のデザインで細かいイラストがたくさん描き込まれているのも好きなんですよね、みすてぃかるとか。そういう独自のイラストがインスピレーションを刺激してくれるようなデッキは、2、3枚くらいの展開時に威力を発揮することがあります。特に、「どんな〜か」「何がいいか(例えば誰かへのプレゼント)」という疑問の時など。

そこでちょっと問題が浮上します。独自のデザインをどこまで信用していいのか、という。好みで特定のデッキを選んだだけだと、占いの傾向が偏りはしないかと。

わたしの場合、これを解決するのに、その時にお気に入りの2つか3つのデッキをひとまずまとめて巾着袋に入れてしまいます。そこに、ブルーオウルなどのクラシックスタンダードなデッキを1つ加えます。そして占う質問を心で唱えながら袋の中でカシャカシャとよく振って(笑)、目をつむってお布団の上にボトボトっと落としまして、(まだ目はつむったまま)右手を右側からスーッと這わせて最初に触ったデッキ、これを使うのです。

こうして選ばれたデッキは、きっと、今つかうべき運命。そのデッキならではのデザインからも、インスピレーションにしたがって意味を見出して差し支えないでしょう。もし、「デザインに関係なく基本の意味で解釈すべき時」であれば、ここでスタンダード系が選ばれるはずです。

ナオミ・ノアのルノルマン占い【年間占い】

易では、冬至に翌年の運勢を占うということをしますが、昨年はルノルマンカードで、自分自身の2013年について占ってみました。

yearly2013

スプレッドはBlock of Nine。

ヨーロッパだけでもいろいろなバリエーションが見られる展開法ですが、ルノルマンカード占いの醍醐味が実感できる、中級レベルのスプレッド^^

本場ドイツでは、上級スプレッドである、グラン・タブロー(36枚全部を展開する総合スプレッド)にステップアップするための、練習用スプレッドとしても使われています。

年間占いは、今まではどうしても課題や試練的なものが多くて(自分のノードが土星に支配されているというのもあります)、なかなか「良いカード並び」というのがない人生(笑)だったので、クローバーやコウノトリ、犬などポジティブなカードたちにちょっとびっくり^^

今年のテーマは「太陽」

障害を克服して成功をつかむ、自己実現そして自己確立のカード。

能動的、男性的なカードなので、もっとアグレッシブ(!)に自分自身の目標に向かっていっていい!というメッセージと読めます。

犬と月、クローバーと騎士も、友人や支えてくれる人たちの存在の大きさ、そこから新しい展開や幸運な知らせが入ってくる暗示のようです。

今までは、誰かのために、何かのために、生きていくという意識が強かったのですが、今年はもう少し、【自分】がどうしたいのか、考えて生きるべきなのかも。

コウノトリ~熊のラインは、経済面での改善が見られること。おお~貧民としては素直に嬉しい^^

子供~道のラインは、「自分はどうしたいのか?」と、いい意味で“自己中”に選択をすることについて、あまりやり慣れてはいないけれど、思うようにやってみればよいということかな。

騎士~月のラインは、経済面で言うと、安定というのとは違うけれど、クリエイティブで新しい収入源ができること…何だろう^^;

確かに、現在、新しいお仕事のプランを(占い以外で)計画中ではあるのですが、クリエイティブ、、、なんだろうか?^^;;

熊を栄養や食事とすれば、食べたいものを食べてもいいけど、運動もしっかり!なんてふうにも読めます(笑)

太陽、熊、月などインパクトの強いカードが並んでいるあたり、今年は自分にとってはとても大事な一年になるようです。

でも、あまり堅苦しく考えず、子供の無邪気さ、好奇心、クローバーの楽観、騎士の身軽さで、いろんなことに楽しんで挑戦していくといいのでしょう(^^)

もうなんと一年の半分近くが過ぎようとしていますが、、、今までとは違った形で自分の人生を切り開いていく時だなぁ~というのは、毎日実感しています。

つい、生真面目にやりすぎる傾向があるので、もっと楽しむようにしないと^^;;;

年末に振り返ったときに、どんな風に見えるのか、また面白そうです。

Top image by Gordon Johnson from Pixabay

Block of Nine を用いた占い例↓

PAGE TOP