カード解説【32】月

ナオミ・ノアのルノルマン占い講座【カード解説】32月

象徴(シンボル)

夜、多くの場合海の上に、ぼんやり光る月が描かれます。
現実に月は太陽の光を反射しているわけですが、象徴的にも、男性的なシンボルとしての太陽の対照的な意味合いを持たされることが多くなります。
女性、母性、感情、直感、水、海、夜、時に闇。でも、対照的であるだけで、月と太陽は両輪。陸より海が広いのが地球です。

よく用いられる意味合い

対象との関係を見るなら、共感、愛情、私的な感情を重視します。
個人的な感情や感覚・インスピレーションは増幅されます。
多くの女性が得意とするような能力や、女性的な美徳が、大いに生かされます。

表面的には平和と静けさが求められますが、水面下はまた別です。

占いのゆくえ、方向性

月のカードは、新しい刺激よりも、今ある環境、心の状態の充実を求めます。現状が比較的平和なら、まずは良い意味に解釈できます。
隣り合うカードの影響を受けやすいですが、男性的な価値観に振り回されなければ、最終的には直感や心の声にしたがって自分らしい選択ができそうです。

ネガティブな意味の場合・注意すべきコンビネーション

めでたくロマンスが実現することもあれば、ロマンチックな妄想の中をさまようこともあります。本来の直感を研ぎ澄まし、気持ちを乱す考えや思い込みを取り除く必要があります。心のよりどころをしっかり持って、感情の不安定さを乗り越えましょう。現状がもともと悪い時や、周囲のカードが不穏な場合は、感情の興奮や冷え込みや乱高下、病的な精神状態に注意します。

人物や時期

美と愛を重んじる感性豊かな人物ではあるはずです。

  • 母性的/純粋純情
  • 誰とでも心を通わせ打ち解ける/孤独を愛する

月のカードはこうした両面を持ち合わせているので、現実の状況と周囲のカードで実際の判断をします。
時期に関しては、敏感な反応で変化する場合と、経験や習慣から察した通りになる場合とがあります。幸運を増幅するカードとともに出ていれば直感でひらめいた数字が当たることも。あとは32日、32時間など、または「8」に関係する時期を検討します。

デイリーリーディングで出たら

  • 暦の区切り・祝いに関すること
  • 良い知らせ、喜び
  • 親しい人と過ごす幸せな時間
  • 新しいことよりもすでにある存在や関係

心の充実、プライベートや芸術方面などからも発想を広げて。

「月」のタグの記事

Top image by ELG21 from Pixabay

関連記事:

タイトルとURLをコピーしました