タグ「 カード占い 」の記事

6件の投稿

ナオミ・ノアのルノルマン占い【年間占い】

易では、冬至に翌年の運勢を占うということをしますが、昨年はルノルマンカードで、自分自身の2013年について占ってみました。

yearly2013

スプレッドはBlock of Nine。

ヨーロッパだけでもいろいろなバリエーションが見られる展開法ですが、ルノルマンカード占いの醍醐味が実感できる、中級レベルのスプレッド^^

本場ドイツでは、上級スプレッドである、グラン・タブロー(36枚全部を展開する総合スプレッド)にステップアップするための、練習用スプレッドとしても使われています。

年間占いは、今まではどうしても課題や試練的なものが多くて(自分のノードが土星に支配されているというのもあります)、なかなか「良いカード並び」というのがない人生(笑)だったので、クローバーやコウノトリ、犬などポジティブなカードたちにちょっとびっくり^^

今年のテーマは「太陽」

障害を克服して成功をつかむ、自己実現そして自己確立のカード。

能動的、男性的なカードなので、もっとアグレッシブ(!)に自分自身の目標に向かっていっていい!というメッセージと読めます。

犬と月、クローバーと騎士も、友人や支えてくれる人たちの存在の大きさ、そこから新しい展開や幸運な知らせが入ってくる暗示のようです。

今までは、誰かのために、何かのために、生きていくという意識が強かったのですが、今年はもう少し、【自分】がどうしたいのか、考えて生きるべきなのかも。

コウノトリ~熊のラインは、経済面での改善が見られること。おお~貧民としては素直に嬉しい^^

子供~道のラインは、「自分はどうしたいのか?」と、いい意味で“自己中”に選択をすることについて、あまりやり慣れてはいないけれど、思うようにやってみればよいということかな。

騎士~月のラインは、経済面で言うと、安定というのとは違うけれど、クリエイティブで新しい収入源ができること…何だろう^^;

確かに、現在、新しいお仕事のプランを(占い以外で)計画中ではあるのですが、クリエイティブ、、、なんだろうか?^^;;

熊を栄養や食事とすれば、食べたいものを食べてもいいけど、運動もしっかり!なんてふうにも読めます(笑)

太陽、熊、月などインパクトの強いカードが並んでいるあたり、今年は自分にとってはとても大事な一年になるようです。

でも、あまり堅苦しく考えず、子供の無邪気さ、好奇心、クローバーの楽観、騎士の身軽さで、いろんなことに楽しんで挑戦していくといいのでしょう(^^)

もうなんと一年の半分近くが過ぎようとしていますが、、、今までとは違った形で自分の人生を切り開いていく時だなぁ~というのは、毎日実感しています。

つい、生真面目にやりすぎる傾向があるので、もっと楽しむようにしないと^^;;;

年末に振り返ったときに、どんな風に見えるのか、また面白そうです。

Top image by Gordon Johnson from Pixabay

Block of Nine を用いた占い例↓

【ルノルマンカード占いの起源は?】byナオミ・ノア

(これは2013年頃の記事を更新しました)

フェイスブックページとツイッターでもお知らせしたのですが、「ルノルマン占いコミュニティ」が今月初めに新しいSNSにお引越しをしたのですが、(これは2013年頃の記事を更新しました。現在、FBとツイッターは辞めて、コミュニティも運営終了してます)

先日、そちらで、こんな興味深いご質問をいただきました^^

解説書によってかなり違う意味の書かれたカードがあって……

「購入したカードに添えられていた説明とナオミ・ノア先生が一覧にしてくださった意味で、かなり違うカードがあったりして首をひねっています。カードによって複数の意味があったりするのでしょうか? 」

きっと、同じように疑問に思っていらっしゃる方も多いのでは?と思います。

複数デッキを買ったら、それぞれについている解説書の説明が違ったり、、、ということもありますよね。

カードデッキについてくる解説ですが、カード会社が出しているもの(赤箱含む)は、出所が不明なものも多く、レッド・オウルや赤箱の各カードに書かれている詩をもとに意味を「捻出」したらしきものもあれば、そうでないものもありますが、そもそもあの“詩”の成り立ちにはいろいろ説があります。

現代のルノルマンカード「プチ・ルノルマン」の原型

現代の「プチ・ルノルマン」の原型は、1800年代にドイツで出版された「ゲーム・オブ・ホープ(希望ゲーム)」という、すごろく(!)遊び用のカードで、元は、兵隊さんたちが戦場で「無事に家に帰れるかどうか」をテーマに編み出した遊びだと言われています。

6×6のマスにカードを並べ、サイコロを振って出た目の数だけ進み、たとえば4の「家」のカードに来たら家主に2ポイント支払うとか、11の「鞭」のカードに来たら、お仕置きを逃れるために3ポイント支払って「子供」のカードに進む(中世で子供のお仕置きに鞭が使われたことから)、とか、そういう遊戯カードだったのですね。

で、カード上に書かれている詩は、そういうルールを記したものではないかとか、あとは、古いコーヒー占いの解説書と酷似しているというような意見もあります。

ルノルマン婦人と占い上の意味

実際のルノルマン婦人はトランプ占いをしていた人で、直接的に現代の「ルノルマンカード」を作ったわけではなく、カードの意味や占い方もすべて口頭で教えていたため、「何が本当のルノルマンの意味なのか」は、実のところまったく不明なのです。

ただ、ルノルマンカードがヨーロッパ(主にドイツ、ベルギー)で占いとして受け入れられ、発展していく中で、いわゆる「伝統的な」意味解釈が確立されたのは確かで、ドイツ、ベルギーの占い師やスクールは、こうした伝統的な意味解釈を踏襲しています。

とはいえ、伝統的とされる意味も、先生によっていくつか流派がありますし、ドイツとベルギーで違う解釈もあるとのこと。ルノルマンが密かに発展したロシアにいたっては、まったく独自の「伝統」が築かれています。

なので、タロット同様ルノルマンも、いくつもの流派があり、また、カード会社の場合は、買った人の便宜を図っているに過ぎないので、出所不明であったり、カードによってまちまちといったことが生じてしまうわけですね。

昨今のカードブームと、付属する解説書

個人が出しているデッキに付属している解説書の場合は、その個人独自の解釈が盛り込まれていることが大半です。

最近は、アメリカを中心に英語圏でルノルマンがブームで、いろんなアーチストが自由にルノルマンカードを作り、そこに自分なりの解釈(ルノルマンのプロではないのに)を盛り込んで出版したりしているので、タロット界で起きたような混乱が、すでにルノルマン界でも起きつつあります。

どれが正しい意味?

わたしの場合は、結論から言えば、「一番当たる意味が正しい意味」と思っていて、基本的なシンボリズムに忠実でかつ実践に裏打ちされた意味解釈を採用しています。そういう点ではスタインバック女史の編纂したスタインバック女史を通じて学んだフランス伝統式の(2014年4月27日修正)意味体系は大変的中率が高く、わたしの解釈も概ね女史の意味がベースになっています。

正直、ルノルマンカードを初めて手にした頃、カードに付属していたブックレットのとおりに読んでも当たりませんでした^^;

いくつもある流派の中で、「どれが本物か」とか「どれが正しいか」を議論しても、これはエンドレスですし、リーダーの価値観や求めるものによって、最も当たる(合っている)と思うものを選ぶのが良いでしょう。

正しそうな意味や流派を選択する際の注意

ただし、ルノルマンカードを学ぶ上で大事なことは、最初からいろんな流派の意味をいっぺんに学んで、あれもこれもごちゃ混ぜにしないことです。

占いの意味解釈は、潜在意識にとっての文法のようなものなので、英語とスペイン語とフランス語をいっぺんに勉強しても混乱するだけなのと同じです^^

まずは一つの「流派もしくは流儀=システム」をしっかりと学んで、実践で検証し(理論だけでは不可能です)、自分に合っている、納得がいく、と思えなければ、また別のシステムを学んでみるのが、最も効率的かつ混乱の少ない方法だと思います。

Top image by Gordon Johnson from Pixabay

ルノルマンカード占い

記事初出の頃の話です(^^)

ごめんなさい~いろいろ忙しくしていて更新空いてしまいました;;;

今、スタインバック女史のティーチングサイトで、9月まで限定でトレーニングプログラムを実施しているのですが、わたしも現在7人の生徒さんを指導させていただいていて、質問や課題提出が集中すると、どうしてもそちらにかかりきりになってしまいます。。

無料で提供しているプログラムなので、完全ボランティア?なのですが、教える側としてとてもよい訓練の機会なので、女史には本当に感謝です^^

さて今日は、カード占いのスプレッドでもベーシックで占いやすい「スリーカード・スプレッド」をご紹介したいと思います^^

デイリーリーディングで使うことが多いですが、パッと答えを知りたい場合には重宝するスプレッドで、ルノルマンカードとの相性もよいのです(^^)

占いたいことを決めたら、カードをシャッフルし、テーブル上に広げてから心を落ち着け、3枚のカードを選びます。
※シャッフルの仕方についてはこちら

カードは、引いた順に左から右に並べてください。

これは、わたしの「今日のカード」です^^

ルノルマンカード占い

1枚目が【ハート】、2枚目が【鎌】、3枚目が【魚】。

質問としては、「今日を過ごす上で必要なアドバイスをください」という形でカードに聞きました^^

スリーカードを読むときには、特にルールはありません。

ルノルマンカードはそもそも、「隣り合っているカード」はどんな場合も互いに影響を与えるので、必ずその組み合わせを意識して読んでいくのですが、スリーカードの場合は3枚しかないですので、どのカードも互いに関連しあっている形になります。

1枚目と2枚目、2枚目と3枚目、そして1枚目と3枚目は2枚目を介してつながっている、という形。

「ハート」のカードは心や愛情、願望などを表します。

「鎌」は本来収穫の道具ですが、切ることには痛みを伴う場合もあるので、決断、決定という前向きな意味と、縁などを切る、決別するというややネガティブな意味とがあります。どちらに取ったらよいのか?は、次にきているカードで判断します。

「魚」のカードは活動、ビジネス、自由や自立を意味するカードで、基本的にネガティブな要素は持っていません。ですので、一つ前の「鎌」のカードは、前向きに読んでいいでしょう^^

今日は、自分の心の願いや愛情に関して、何らかの形で決断が必要となりそうです。ハート+鎌で「心を決める」という感じ。でも、その結果、今までより気持ちも自由になり、停滞していた事柄にも動きが出てきそうです^^

実は、かなり心当たりがあります…(笑)

次は、少し前の占い例。

くつろぎタイムに主人があるドキュメンタリーを観たいと言いました。無料(訂正:すみません、有料でした><)動画サイトで見られるのですが、タイトル的にちょっと微妙。。。笑

レビューを見るとおもしろそうだ、とのことだったのですが、ためしにカードに聞いてみました。

質問: このドキュメンタリーは、客観的に見て、どうなんでしょう?

ルノルマンカード占い

本 + 指輪 + きつね

【本】は秘密、そして調査や研究を表します。

【指輪】は解決策や結論、

【きつね】は疑いや不信です。

あらら^^;

秘密を明かすためにいろんな調査がなされているが、最後に引き出されている結論は、ちょっと疑問…鵜呑みにしないほうがいい、というのがカードの判断でした^^;

観てみての感想は…「はは~ん^^;」

そのドキュメンタリーというのは、「ピラミッド5000年の嘘」というものなのですが、興味のある方は見てみてください^^

スリーカード・スプレッドはこんなふうに、ちょっとしたことでもサッと答えを知ることができるので、とても使い勝手がよい展開法です。

ぜひ使ってみてくださいね(^^)

PAGE TOP