カテゴリー「 カードの意味 」の記事

6件の投稿

不安に思ってることなどをルノルマンカードで占っていて、10番の「鎌」が出ると、一瞬ギョッとすることもあります。

「鎌」の意味の中心は、

「自分の意思と行動で」バッサリ何かを刈り取ることにあります。ルノルマンカードの絵柄では、麦などの束と一緒に描かれることが多いですね。

鎌は刃物なので確かにコワイものですが、普通、鎌を持つのは自分です。あなたのことを示す場所に「鎌」が出ているなら、名前が麦さんや稲さんとかでもない限り(笑)、あなたが刈られるということではないと思っていいでしょう。

もし、がんじがらめにあなたを束縛している状況があって、「まるで今の自分は稲藁の束じゃないの!」と思ったとして、稲藁の束は既に刈られたあとですから、鎌にこれ以上襲われることは(普通は)なくて、むしろ、あなたをぐるぐるに束縛しているロープを切るために鎌が使われる確率のほうが高いです(もちろん、何ごとも状況によりけりなので絶対ではありません)。

すでにお気づきのあなた、そうですね、

「鎌」のカードにセットでよく描かれるのは、

収穫の束。鎌は収穫のために振るう(振るわれた)のです。刈り取って、手に入れる。刈り取って、キープする。刈り取って、有効に消費する。

そのための鎌です。

例えば、一緒に「熊」が出ていれば、

どんどん活動的に利益を確保していくことを表しているかもしれません。なぜって、春の熊は冬眠明けで飢えていますし、夏の熊は結婚相手を探し(雄はライバルと闘い)、秋の熊は冬眠のために貪欲に脂肪をたくわえなくてはなりません。「鎌」と一緒に出た「熊」は、少なくとも雪の下で冬眠中ではないはずです(もしまだ寝てるなら早く起きて!)。

ただ、

熊の前足の爪は、鎌のように

鋭く長いものでもあります。

もし、あなたではない誰かや、何ものかが、鋭い爪で収穫のために歩き回っているのだと解釈できる状況なら、あなたも身構えなくてはならないかもしれません。あなた自身も、得られるものを確保して、得るべきパワーを身につけて、打てる確実な先手を打つべき時かもしれません。

トレーニングとか、きつい経験を経て、それまで肉体的にできなかったことが、できるようになったりしますよね。スポーツとか武道とかだと、強くなったおかげで何かが得られるということよりも、自分が以前よりすごく強くなったとか、それ自体でかなり満たされたりします。技術が向上するのも同じですね。楽器がうまく演奏できるようになるとか。

勉強だって本来、とことん知りたいことや極めたい分野があって、深くわかってくると以前よりたくさんのことが一気に見えてきて、文字通り視野が広がって世界が広がる感じがして、何だか素晴らしい気分になります(具体的に何が素晴らしいかなんて言えなくて別にいい、とにかく気分がいい、と堂々と思えたりします)。

たくさんのお金や高い地位が目に見えて手に入らなくても、まったくお金にならなくても誰もほめてくれなくても、満足できるのってなぜなんでしょう。それって、たぶん自分が、能力的に、向上したからだと思います。

能力が向上して、じゃあ、ほんとのところ、何がいいのでしょう?

実は、肉体的な強さも、知識も技術も、お金も、地位も、それで「生きていきやすくなる」というところで共通しています。糧を得る、危険を避ける、それがよりやりやすくなるわけで、人間も動物も等しく持っている生存本能を助けてくれるということです。

ルノルマンカード11番、『鞭』は、自分を鞭打つこと、誰かや境遇から鞭打たれることで、前向きな意味では、強くなったり上手くなったりして何かが向上します。

例えば泳ぐのが上手になると、海を自在に泳ぎ回ることができる、つまりより自由になる!

これは34番、『魚』の意味のひとつですね。もしも魚になって海に出れば、自由だけでなく世界の広がりも手に入れることができます。

でもね?

ここからがわたし、ナオミの体験から感じた問いです。

じゃあ、鞭に耐えて必死に泳ぎ続けてきたのに、疲れるばかりでどんどん溺れそうになっていく魚は、何かが間違っているの?

何かちょっとした方向違いのせいで、努力が活かされないことというのはありますよね、でもそんなボタンのかけ違いやすれ違いレベルの話じゃなくて。

間違いとかじゃない。選択肢とかそんなのひとつもなくて、ただ病に冒されたり、虐げられたり、避けようのない逃れようのない鞭に追い立てられて、ゼエゼエ言いながら歩き続けるしかない、痛みに耐えながら呼吸するしかない、そしてその結果、ちっとも強くなるどころかどんどん弱っていく怖さ。

「必ずよくなるから、大丈夫だから」

と繰り返す周囲の言葉がどんなに空虚に思えても、その言葉にすがるしか道がない。今より「よくなって」幸福をかみしめる時が必ず未来にある、幸福なゴールがあるって信じるしか、ない。

現実はもしかしたら「違うゴール」があるかもしれないなんて恐ろしいこと、わたしは、絶対に考えたくなかった。

でも、夢にはその「違うゴール」がたびたび出てきて、目覚めた時の絶望感ったら本当に、本当に、「こんな思いをするためにわたし生まれてきたの?」って、大声で泣きたくなります。

だから、起きてる時にまで「死ぬ」ことなんて絶対に考えてやるものか!

と思っていたら、わたしの具合の悪い時に夫が呪文のように繰り返す、「大丈夫、必ずよくなる」の意味が少しわかってきました。

いつ死ぬかわからないのは全員みんな平等に同じ。死ぬ時は何をしていても死ぬ。それなら、生きている間は生きることだけ考えて生きるだけじゃん、ってわたしは思ったのです。

そうするとですよ、『鞭』って、何かの向上のためと思って人は「打つ」のに違いないのですけど、結果がどうなるかは実は関係ないんですよね!

歴史を振り返っても、道半ば、志半ばに倒れた人たちがごまんといる、でもその人たちの人生を「無駄な努力だったね」と笑う資格のある人が、この世にいるでしょうか。

わたしが、毎日リハビリをして、昨日は一昨日よりも歩けたのに、今日は疲れて昨日の半分も歩けなかった、それはとても悔しかったり怖かったりするのだけど、これを「無駄」という資格は誰にもない。

誰にもないということは、わたしにもない。

わたしは、そうするしかなくてそうしているわたしの努力を、無駄だと思う必要はないし、無駄になるのではと恐れる必要もないんです。今のわたしにとって、健康で生きたいと思ったら動ける範囲でリハビリをするしかない、悪夢が怖くても眠るしかない、苦しくても呼吸するしかない、それ自体が生きるということだから。

成果を信じることは、確かに励みになります。気力を奮う助けになります。でも、成果が約束されていることなんて現実にはどこにもないんです

もっともっと大切なことは、成果があるかないかなんて未来の夢物語に振り回されないで、今そうするしかなくてそうしている「わたし」の行動を、「これこそが生きているってこと」だと、毎秒毎秒実感することだったのです。

皆さまこんにちは^^

いろいろと忙しくしていてすっかりご無沙汰してしまいました;;

フェイスブックページとツイッターでもお知らせしたのですが、「ルノルマン占いコミュニティ」が今月初めに新しいSNSにお引越しをしたのですが、
http://sns.prtls.jp/lenormand/

先日、そちらで、こんな興味深いご質問をいただきました^^

「購入したカードに添えられていた説明とナオミ・ノア先生が一覧にしてくださった意味で、かなり違うカードがあったりして首をひねっています。カードによって複数の意味があったりするのでしょうか? 」

きっと、同じように疑問に思っていらっしゃる方も多いのでは?と思います。

複数デッキを買ったら、それぞれについている解説書の説明が違ったり、、、ということもありますよね。

カードデッキについてくる解説ですが、カード会社が出しているもの(赤箱含む)は、出所が不明なものも多く、レッド・オウルや赤箱の各カードに書かれている詩をもとに意味を「捻出」したらしきものもあれば、そうでないものもありますが、そもそもあの“詩”の成り立ちにはいろいろ説があります。

現代の「プチ・ルノルマン」の原型は、1800年代にドイツで出版された「ゲーム・オブ・ホープ(希望ゲーム)」という、すごろく(!)遊び用のカードで、元は、兵隊さんたちが戦場で「無事に家に帰れるかどうか」をテーマに編み出した遊びだと言われています。

6×6のマスにカードを並べ、サイコロを振って出た目の数だけ進み、たとえば4の「家」のカードに来たら家主に2ポイント支払うとか、11の「鞭」のカードに来たら、お仕置きを逃れるために3ポイント支払って「子供」のカードに進む(中世で子供のお仕置きに鞭が使われたことから)、とか、そういう遊戯カードだったのですね。

で、カード上に書かれている詩は、そういうルールを記したものではないかとか、あとは、古いコーヒー占いの解説書と酷似しているというような意見もあります。

実際のルノルマン婦人はトランプ占いをしていた人で、直接的に現代の「ルノルマンカード」を作ったわけではなく、カードの意味や占い方もすべて口頭で教えていたため、「何が本当のルノルマンの意味なのか」は、実のところまったく不明なのです。

ただ、ルノルマンカードがヨーロッパ(主にドイツ、ベルギー)で占いとして受け入れられ、発展していく中で、いわゆる「伝統的な」意味解釈が確立されたのは確かで、ドイツ、ベルギーの占い師やスクールは、こうした伝統的な意味解釈を踏襲しています。

とはいえ、伝統的とされる意味も、先生によっていくつか流派がありますし、ドイツとベルギーで違う解釈もあるとのこと。ルノルマンが密かに発展したロシアにいたっては、まったく独自の「伝統」が築かれています。

なので、タロット同様ルノルマンも、いくつもの流派があり、また、カード会社の場合は、買った人の便宜を図っているに過ぎないので、出所不明であったり、カードによってまちまちといったことが生じてしまうわけですね。

個人が出しているデッキに付属している解説書の場合は、その個人独自の解釈が盛り込まれていることが大半です。

最近は、アメリカを中心に英語圏でルノルマンがブームで、いろんなアーチストが自由にルノルマンカードを作り、そこに自分なりの解釈(ルノルマンのプロではないのに)を盛り込んで出版したりしているので、タロット界で起きたような混乱が、すでにルノルマン界でも起きつつあります。

わたしの場合は、結論から言えば、「一番当たる意味が正しい意味」と思っていて、基本的なシンボリズムに忠実でかつ実践に裏打ちされた意味解釈を採用しています。そういう点ではスタインバック女史の編纂したスタインバック女史を通じて学んだフランス伝統式の(2014年4月27日修正)意味体系は大変的中率が高く、わたしの解釈も概ね女史の意味がベースになっています。

正直、ルノルマンカードを初めて手にした頃、カードに付属していたブックレットのとおりに読んでも当たりませんでした^^;

いくつもある流派の中で、「どれが本物か」とか「どれが正しいか」を議論しても、これはエンドレスですし、リーダーの価値観や求めるものによって、最も当たる(合っている)と思うものを選ぶのが良いでしょう。

ただし、ルノルマンカードを学ぶ上で大事なことは、最初からいろんな流派の意味をいっぺんに学んで、あれもこれもごちゃ混ぜにしないことです。

占いの意味解釈は、潜在意識にとっての文法のようなものなので、英語とスペイン語とフランス語をいっぺんに勉強しても混乱するだけなのと同じです^^

まずは一つの「流派もしくは流儀=システム」をしっかりと学んで、実践で検証し(理論だけでは不可能です)、自分に合っている、納得がいく、と思えなければ、また別のシステムを学んでみるのが、最も効率的かつ混乱の少ない方法だと思います。

 

PAGE TOP