ルノルマンカードの占いにトランプの図柄は必要?

ナオミ・ノアのルノルマン占い【トランプ図柄は必要?】

ルノルマンカードの占いにトランプの図柄は必要?

タイトルに単刀直入にお答えしますと、はい、必要です。
ただ、トランプの図柄がカードに印刷されていないといけない、という意味ではありません。

わたしも、過去記事で書いたように、普段の占いには、デザイン重視でお気に入りのカードデッキを複数使い分けています。

起源はトランプなので。

ルノルマンカードの占いの起源を考えれば、もともとのトランプ図柄が無関係なはずはありません。

ルノルマン婦人が占いに用いた本当のトランプカードと、現代のルノルマンカードに描かれているトランプ図柄との対応が違っている可能性ももちろんあります。でも、現代のプチ・ルノルマンカードによる占いの様式にもすでに伝統があり、多くの優れた占い師が現在の絵柄・図柄の対応で意味の体系を充実させてきています。

もし、原初の真の対応に完成された世界観などがあるとしたら、自由すぎる解釈がそこをねじ曲げてしまって、問題や歪みが生じてしまうことはあり得るでしょう。例えば、タロット占いなどでは、カードの図柄の象徴と数字との対応に厳格な主張をする人々もいます。

ではルノルマン占いは?

というと、おそらく、厳格な世界観よりも、実践的な経験から真理が見出されてきたのではないかな、とわたしは思うのです。哲学よりも匠の技、みたいな。だから「タロットより簡単!」なのだと。このブログのサブタイトルはダテじゃなくて、みなさんを甘い言葉で誘ってるわけでもなくて。

実占でのトランプ図柄の影響

わたしの場合は、トランプ図柄が全部頭に入ってるからカードに描かれてなくても描かれててもあまり違いがない、ともいえてしまうのですが。占いの時に必要があれば、ああ、これはハートのキングだから、とか思い浮かべることができます、けど、それ、正直いつもやってるわけではないです。

なぜかというと。

正しいカードの意味の理解の中にはトランプの図柄も織り込まれている、ともいえるからです(表面的な想像で書かれたような適当な解説を読んだだけだとダメですが)。カードの意味がちゃんと理解できてさえいれば、解釈の時に改めてトランプを思い浮かべる必要はあまりないということです。これが理由のひとつ。

でも、トランプの図柄が直観的なリーディングにも必要になってくることがあります。わたしの講座でも紹介している人物像のリーディングにも、直接にトランプ図柄が関わっています。また、例えばフランス式のとある占法では、カード展開時にトランプのスートや数をチェックすることがあります。

また、トランプの図柄が特に解釈に関係してくる占い方の時など、そういう時だけ、オーソドックスなブルーオウルやクラシックなデザインのカードを使えばいい、というのが理由のもうひとつです。

トランプの対応を全部覚えていたとしても、描かれていないカードを使いながら記憶を頼りに思い浮かべるのは、初心者はもちろんのこと、熟練しないうちは手間といえば手間です。

だから、例えばグラン・タブローで深く多角的に掘り下げたい占いの時などは、わたしは迷わず、使い慣れているブルーオウルを使います。頭の中で変換する作業を省き、直観的なリーディングの段階を邪魔しないことで、よりスピーディに深い解釈を進めることができるからです。

Top image by WikimediaImages from Pixabay

関連記事:

タイトルとURLをコピーしました