タグ「 魚 」の記事

6件の投稿

トレーニングとか、きつい経験を経て、それまで肉体的にできなかったことが、できるようになったりしますよね。スポーツとか武道とかだと、強くなったおかげで何かが得られるということよりも、自分が以前よりすごく強くなったとか、それ自体でかなり満たされたりします。技術が向上するのも同じですね。楽器がうまく演奏できるようになるとか。

勉強だって本来、とことん知りたいことや極めたい分野があって、深くわかってくると以前よりたくさんのことが一気に見えてきて、文字通り視野が広がって世界が広がる感じがして、何だか素晴らしい気分になります(具体的に何が素晴らしいかなんて言えなくて別にいい、とにかく気分がいい、と堂々と思えたりします)。

たくさんのお金や高い地位が目に見えて手に入らなくても、まったくお金にならなくても誰もほめてくれなくても、満足できるのってなぜなんでしょう。それって、たぶん自分が、能力的に、向上したからだと思います。

能力が向上して、じゃあ、ほんとのところ、何がいいのでしょう?

実は、肉体的な強さも、知識も技術も、お金も、地位も、それで「生きていきやすくなる」というところで共通しています。糧を得る、危険を避ける、それがよりやりやすくなるわけで、人間も動物も等しく持っている生存本能を助けてくれるということです。

ルノルマンカード11番、『鞭』は、自分を鞭打つこと、誰かや境遇から鞭打たれることで、前向きな意味では、強くなったり上手くなったりして何かが向上します。

例えば泳ぐのが上手になると、海を自在に泳ぎ回ることができる、つまりより自由になる!

これは34番、『魚』の意味のひとつですね。もしも魚になって海に出れば、自由だけでなく世界の広がりも手に入れることができます。

でもね?

ここからがわたし、ナオミの体験から感じた問いです。

じゃあ、鞭に耐えて必死に泳ぎ続けてきたのに、疲れるばかりでどんどん溺れそうになっていく魚は、何かが間違っているの?

何かちょっとした方向違いのせいで、努力が活かされないことというのはありますよね、でもそんなボタンのかけ違いやすれ違いレベルの話じゃなくて。

間違いとかじゃない。選択肢とかそんなのひとつもなくて、ただ病に冒されたり、虐げられたり、避けようのない逃れようのない鞭に追い立てられて、ゼエゼエ言いながら歩き続けるしかない、痛みに耐えながら呼吸するしかない、そしてその結果、ちっとも強くなるどころかどんどん弱っていく怖さ。

「必ずよくなるから、大丈夫だから」

と繰り返す周囲の言葉がどんなに空虚に思えても、その言葉にすがるしか道がない。今より「よくなって」幸福をかみしめる時が必ず未来にある、幸福なゴールがあるって信じるしか、ない。

現実はもしかしたら「違うゴール」があるかもしれないなんて恐ろしいこと、わたしは、絶対に考えたくなかった。

でも、夢にはその「違うゴール」がたびたび出てきて、目覚めた時の絶望感ったら本当に、本当に、「こんな思いをするためにわたし生まれてきたの?」って、大声で泣きたくなります。

だから、起きてる時にまで「死ぬ」ことなんて絶対に考えてやるものか!

と思っていたら、わたしの具合の悪い時に夫が呪文のように繰り返す、「大丈夫、必ずよくなる」の意味が少しわかってきました。

いつ死ぬかわからないのは全員みんな平等に同じ。死ぬ時は何をしていても死ぬ。それなら、生きている間は生きることだけ考えて生きるだけじゃん、ってわたしは思ったのです。

そうするとですよ、『鞭』って、何かの向上のためと思って人は「打つ」のに違いないのですけど、結果がどうなるかは実は関係ないんですよね!

歴史を振り返っても、道半ば、志半ばに倒れた人たちがごまんといる、でもその人たちの人生を「無駄な努力だったね」と笑う資格のある人が、この世にいるでしょうか。

わたしが、毎日リハビリをして、昨日は一昨日よりも歩けたのに、今日は疲れて昨日の半分も歩けなかった、それはとても悔しかったり怖かったりするのだけど、これを「無駄」という資格は誰にもない。

誰にもないということは、わたしにもない。

わたしは、そうするしかなくてそうしているわたしの努力を、無駄だと思う必要はないし、無駄になるのではと恐れる必要もないんです。今のわたしにとって、健康で生きたいと思ったら動ける範囲でリハビリをするしかない、悪夢が怖くても眠るしかない、苦しくても呼吸するしかない、それ自体が生きるということだから。

成果を信じることは、確かに励みになります。気力を奮う助けになります。でも、成果が約束されていることなんて現実にはどこにもないんです

もっともっと大切なことは、成果があるかないかなんて未来の夢物語に振り回されないで、今そうするしかなくてそうしている「わたし」の行動を、「これこそが生きているってこと」だと、毎秒毎秒実感することだったのです。

なんとまたまた「探し物」です^^;

ビーズアクセサリーを作るのが好きで、10年位前に買った「デザイン本」があるのですが、なんと「ここに入れてあるはず」と思った棚に見つからない(>_<)

最近、年なのかな?^^;ついこの間ここにしまったと記憶があるのに、ないんです(泣)

主人にも手伝ってもらって、思い当たるところを片っ端から探しても、見つからない。。なのでルノルマンカードで占ってみることに…。

展開は、ノーレイアウト法(NLO)。欲しい情報、占いたいテーマがハッキリしているときは、やはりNLOがベストです^^

ルノルマンカード占い

手紙 + ブーケ + 家 + 鳥 + 魚

探している本の「ありか」=今ある場所についての情報が欲しいので、キーカードは【家】です。

まずはキーカードの左側のカードを見ます。カードは「ブーケ」。幸せ、華やかさ、メイクや装飾(品)などに関係があるカードです。

次に、キーカードの右側を見ると、「鳥」。口頭でのコミュニケーション全般をさすカードなので、よくおしゃべりする場所とか、あとは電話機や楽器類もこのカードの意味に含まれます。

幸せや装飾に関係があって、なおかつコミュニケーションと関係のある場所。

さらに読むと、ブーケの隣には「手紙」のカード。鳥のカードが口頭のコミュニケーションを表したのに対して、手紙は「文字」による、もしくは文字ではなくても何らかの「有形の」コミュニケーションを表します。

手紙とブーケの組み合わせは、もらって嬉しかった手紙とかカード…あとはブーケは笑顔とも関係があるので、写真類も当てはまりそう。

右側の鳥に魚のコンビネーションは、魚が自由とか活発さ、活動や行き来を意味するので、やっぱり遊びやその他「楽しい活動」「たくさんおしゃべりをすること」を表していそうです。

もともと、その本は寝室の棚の片隅に、ビーズと一緒に置いておいたものなのですが、その本を参考にビーズアクセを実際に作ったのは、一番最近でなんと1年ほど前^^;ということでその後の記憶があいまいなのです…。

でも、寝室以外で制作作業はしないので、写真の近くといっても、写真やアルバムを片付けてある納戸ではないと思うし、遊びや活動といっても、子供部屋なら「子供」のカードが出ているはずだし…

それ以外で思いつくのは、寝室と隣接した3畳間…愛猫とお話したり遊んだり、時には一緒にお昼寝したりする場所なので、ブーケと鳥のカードはしっくり来ます。問題は、その部屋には写真類とか手紙類は置いてないこと。

とりあえず、その小さな部屋をとことん探して見ましたが、やはり見つからない…

思った以上に難題になってきてしまいまいた^^;;;

最初のリーディングで行き詰ったときは、「別の角度・質問で追加のリーディングをして、答えを絞っていくこと」と、スタインバック女史はアドバイスしています。

正直、そのうち出てくるかな^^;;と弱気になったのですが、せっかくの機会なので、追加リーディングをしてみようと思います(^^)

続きはまた後ほど!

 

ごめんなさい~いろいろ忙しくしていて更新空いてしまいました;;;

今、スタインバック女史のティーチングサイトで、9月まで限定でトレーニングプログラムを実施しているのですが、わたしも現在7人の生徒さんを指導させていただいていて、質問や課題提出が集中すると、どうしてもそちらにかかりきりになってしまいます。。

無料で提供しているプログラムなので、完全ボランティア?なのですが、教える側としてとてもよい訓練の機会なので、女史には本当に感謝です^^

…さて、本題に入る前に、いくつかお知らせを♪

♥ 「お問い合わせフォーム」からのお問い合わせには、忙しくても1~2日以内にお返事いたしております。もしも「あれ?返事来ない…」という場合は、ナオミ・ノアからの返信が誤ってごみ箱や迷惑メールフォルダに入ってしまっていないか、確認してみてください。

 「ルノルマンデッキ」のページに、新しく「ASSルノルマン」と「アストロロジカル・ルノルマン」を追加しました^^

 そして、さっそくSOLD OUTとなってしまっていた「アストロロジカル・ルノルマン」ですが、本日入荷しましたのでお知らせします^^現在の在庫は 8 です。

♣  ♡  ♠  ♢  ♣  ♡  ♠  ♢  ♣  ♡  ♠  ♢  ♣  ♡

さて今日は、カード占いのスプレッドでもベーシックで占いやすい「スリーカード・スプレッド」をご紹介したいと思います^^

デイリーリーディングで使うことが多いですが、パッと答えを知りたい場合には重宝するスプレッドで、ルノルマンカードとの相性もよいのです(^^)

占いたいことを決めたら、カードをシャッフルし、テーブル上に広げてから心を落ち着け、3枚のカードを選びます。
※シャッフルの仕方についてはこちら

カードは、引いた順に左から右に並べてください。

これは、わたしの「今日のカード」です^^

ルノルマンカード占い

1枚目が【ハート】、2枚目が【鎌】、3枚目が【魚】。

質問としては、「今日を過ごす上で必要なアドバイスをください」という形でカードに聞きました^^

スリーカードを読むときには、特にルールはありません。

ルノルマンカードはそもそも、「隣り合っているカード」はどんな場合も互いに影響を与えるので、必ずその組み合わせを意識して読んでいくのですが、スリーカードの場合は3枚しかないですので、どのカードも互いに関連しあっている形になります。

1枚目と2枚目、2枚目と3枚目、そして1枚目と3枚目は2枚目を介してつながっている、という形。

「ハート」のカードは心や愛情、願望などを表します。

「鎌」は本来収穫の道具ですが、切ることには痛みを伴う場合もあるので、決断、決定という前向きな意味と、縁などを切る、決別するというややネガティブな意味とがあります。どちらに取ったらよいのか?は、次にきているカードで判断します。

「魚」のカードは活動、ビジネス、自由や自立を意味するカードで、基本的にネガティブな要素は持っていません。ですので、一つ前の「鎌」のカードは、前向きに読んでいいでしょう^^

今日は、自分の心の願いや愛情に関して、何らかの形で決断が必要となりそうです。ハート+鎌で「心を決める」という感じ。でも、その結果、今までより気持ちも自由になり、停滞していた事柄にも動きが出てきそうです^^

実は、かなり心当たりがあります…(笑)

 

次は、少し前の占い例。

くつろぎタイムに主人があるドキュメンタリーを観たいと言いました。無料(訂正:すみません、有料でした><)動画サイトで見られるのですが、タイトル的にちょっと微妙。。。笑

レビューを見るとおもしろそうだ、とのことだったのですが、ためしにカードに聞いてみました。

質問: このドキュメンタリーは、客観的に見て、どうなんでしょう?

ルノルマンカード占い

本 + 指輪 + きつね

【本】は秘密、そして調査や研究を表します。

【指輪】は解決策や結論、

【きつね】は疑いや不信です。

あらら^^;

秘密を明かすためにいろんな調査がなされているが、最後に引き出されている結論は、ちょっと疑問…鵜呑みにしないほうがいい、というのがカードの判断でした^^;

観てみての感想は…「はは~ん^^;」

そのドキュメンタリーというのは、「ピラミッド5000年の嘘」というものなのですが、興味のある方は見てみてください^^

 

スリーカード・スプレッドはこんなふうに、ちょっとしたことでもサッと答えを知ることができるので、とても使い勝手がよい展開法です。

ぜひ使ってみてくださいね(^^)

 

PAGE TOP