タグ「 山 」の記事

5件の投稿

ナオミ・ノアのルノルマン占い講座【太陽】カード解説

象徴(シンボル)

山の上から昇る、夜明けの太陽が描かれます。
輝く光と熱、すなわち、栄光とまっすぐな情熱を象徴しています。
唯一にして最高の力を持つ天体として崇められてきた影響も、もちろん引き継がれています。

よく用いられる意味合い

大いなるエネルギーがそこにある、注がれることは期待できます。
ただ、ルノルマンカードの中では、太陽のカード1枚だけで何もかも成功を約束されるような、強大な万能なパワーを期待すべきではありません。それより、太陽の光が地上の隅々まで降り注ぎ、多くの動植物に活力を与える様子をそのまま占いに生かすのが良いでしょう。
視点を変えると、努力の成果として良いパフォーマンスの再現、試練を乗り越えての復活などを約束してくれる意味合いがあります。

占いのゆくえ、方向性

もっともよく現れるのは、これから始まる、上昇するという意味合いです。
また、太陽のカードの周囲では、何かが明らかであること、明確な理論通りに事が運びそうだということに、安心すべきでしょう。
おそらく男性的な価値観が優勢である状況なので、「月」のカードがより重要な位置にないなら、霊的な感性や感情に頼るより、理論や計算の裏付けをあてにするほうが良いかもしれません。
そうした太陽らしい姿勢を維持する限り、仕事や金銭面にはだいたい良い意味と運があると見て良いです。

ネガティブな意味の場合・注意すべきコンビネーション

たいていの問題が正当な方法で解決しますが、隠れた問題、特に心理面の根深い混乱は守備範囲外です。場合によっては、正論が余計に溝を深めることもあります。
強すぎる力、プライド、エゴが禍根を残すこともあり、強引すぎる手法が他者に犠牲を強いるかもしれません。「山」「塔」「熊」など頑強さを助長するカードとのコンビには、占い師・アドバイザーとして配慮が大切です。太陽の本来の良さである、公正さ、心の広さ、弱き者を助ける人徳を呼び起こしましょう。

人物や時期

自分らしさ、目標がはっきりしている人物であることが多いです。単に明るい人、ポジティブな人というだけかもしれません。でもとにかく前向きです。
誰か力のある存在からの保護や援助が得られる暗示もあります。
活力が満ちるカードですから、時期についても、力や効果が最大に発揮されるタイミングを示すことがあります。ビジネスなどでは利益の最大値に賭けるのではなく、正当で確実であることを重視して。
時期を見る際の数字では、ナンバーの「31」がズバリの場合もありますが、例えば「1から10までのうちでいえば1から3くらい」の初期・序盤を指す傾向があります。

デイリーリーディングで出たら

とにかくくよくよ悩むより、前向きに行動するのが良さそうです。
答えの見えない難しい問題よりも、やるべきだとわかっていることを着実にクリアするとか。
社交的に動くのにも良い時です。

ルノルマン【火山を占う】

あらためまして、新年おめでとうございます。

タイトルが、穏やかではありませんが・・・

向こう一年間の日本についての占いで、不穏な暗示がいくつか出てしまったので、なかでも気になった事柄をより詳細に占ったうちのひとつです。

こういった占いは、雑誌やTV、占いモールなどでは、「不安を煽るので、出さないでください」と言われたりしますが、こちらのブログに書くことは、あくまで、わたし個人が気になることを占ったもの、またはクライアントさんから了承を得た実例を、ルノルマンカードに興味のある方、ルノルマン占いを学びたい方の参考のために、載せています。信じるかどうかはご覧になる方の自由ですので、そのあたり、ご了承くださいませ。(私はもちろん、カードの告げることを信じて占いをしています^^)

御嶽山の噴火もまだ、記憶に新しく、ショックも癒えていないとはいえ、世界に目を転じても、昨年あたりからアイスランド、インドネシア、アフリカなど各地で大きな噴火が続いているようです。

もちろん、いつの時代も、どこかでつねに火山の噴火はあったのですが、ここのところの噴火は、規模や、地震および異常気象との連動が、個人的には気になっていました。

日本は火山大国とはいえ、富士山、箱根山などは最近のニュース欄でも時々、話題を目にしますね。。

そこで、気になる「富士山は近々噴火するでしょうか?」という質問を、ルノルマンカードで占ってみることにしました。

IMG_0135

富士山をあらわす「山」のカードが、グラン・タブローの最上段に。。

これは、もう、「いつ噴火してもおかしくない」状況です。

山のカードの下にある、「棺」のカードが、グツグツと内部で煮え返る、マグマ溜まりを暗示しているようにも見えます。

棺のカードは占星術的には「冥王星」と対応しますので、やはり破壊的な力が富士山(山)の地下に蓄えられているといえるでしょう。

そのさらに下には「熊」「錨」のカードが続き、熊はそのエネルギーの大きさを、そして錨のカードは深さ、および「プレート」からの影響を暗示しているようです。

「本」のカードは調査がなされていることやデータ収集が行われているとも読めますが、閉ざされた本ですので、「すべてを知ることはできない」「人間にはわからないことが多い」「データや調査で予知は難しい」ということになるでしょう。

山のカードが出ているのが7室であることも、人の目を欺く、といった意味合いになり、一見穏やかであったり、あるいはたとえ火山性微動などの“前兆”のようなものがあっても、それだけでは噴火の有無を判断できない、ということのようです。

気になるのは、直近の未来に出ている「犬」。

これは、「伴う」「ついていく」「あとに続く」といった意味で、つまりは、「友」のような存在の、おそらく別の火山が先に噴火し、それに続いて富士山も噴火する、という暗示に思えます。

富士山の「友」といえば、やはり、同時期に同じプレート活動でできたと言われる「箱根山」でしょうか・・・。

ときどき言われている、箱根山と富士山の連動噴火が、やはり濃厚なのだとすると、箱根山が怪しい様子を見せたら、近辺にお住いの方は本当に要注意、と心づもりをしておかれるのが賢明かもしれません。

一方で、昔の浅間山の大噴火などは、遠く離れたアイスランドの「ラキ火山」の大噴火に“連動”して起きたという情報もあるので、富士山の本当の「友」がどの火山なのか、断言は難しそうです。

アイスランドでは、すでに昨年から、バルダルブンガという火山が深刻な規模で噴火を続けているようなので、用心には用心を重ねたいですね。

かくいうナオミ自身も、活火山からそう遠く離れていない場所に住んでいるので、日頃から備えを心がけていきたいです。

今回の展開の中には他にも、なぜかは詳しくわかりませんが、海や空での事故が、大きくみれば、富士山の噴火の前触れ的に、関係があるらしいことも暗示されていました。特に電波や通信、レーダーその他のテクノロジーが、「富士山噴火に影響を及ぼす同じエネルギー源」から妨害を受けるようです。

いずれにしても、備えあれば憂いなし、気をつけて過ごしていきましょう。

Top image by Clker-Free-Vector-Images from Pixabay

ナオミ・ノアのルノルマン占い【黒煙キケン】

こちらではすっかりご無沙汰してしまいました;;;

昨日のこと、おもしろい?カード展開がありました。

いつもならコミュニティのほうにアップするのですが、せっかくなのでこちらで(^^)

daily140222

「今日気をつけるべきことは?」という質問で、3枚のカードをランダムに引きました。

使用したカードは、根強い人気の「ミスティカル・ルノルマン」^^

デイリーリーディングであっても、漠然とカードを引くよりは、具体的な質問を立てて占ったほうが、的確なメッセージが引き出せます。

わたしは既婚なので、真ん中の「男性」は夫であるとすると… 両脇のネガティブな二枚がめちゃくちゃ気になります^^;

「雲」は、精神の混乱とか曖昧さ、妄想、浮ついた気持ち、

「山」は、厳しさや冷たさ、孤独、寂しさ、障害など。

混乱していて孤独な旦那様???^^;;

…に、気をつけなさい?^^;;;;;;

なんだかよくわからないなぁ~何が起きるのかしら、と思いつつ、このミスティカルの「雲」に描かれている、龍が吐き出している黒煙が、なぜか気になったのでした。

そして、そんなカード展開も忘れてかけていたお昼下がり…

食後、二階でお茶を飲んで家族で一息ついているところに、なんだか変な臭いが…

わたしは結構、音や臭いに敏感なのですが、主人はそういうのに疎いタイプ^^;

私: 「なんか変な臭いがするよ」

夫: 「タイマーでストーブがついたからじゃない?」

私: 「ううん、そんな臭いじゃない、もっと変な臭い、ゴムが焼けるような…」

というところで、主人が下の様子を見に行くと…

しばらくして、もくもくと灰色の煙が上がってきた…!

「えーーーっ、何が起きてるの?!?!」

と、下まで駆け下りていくと、ストーブの間近で乾かしていたという主人のゴムブーツが黒焦げに。。。

その瞬間、デイリーのカードを思い出したのは言うまでもありません。

幸い、ブーツが焦げただけで済みましたが、もし家族で外作業などしていて気づかなかったら、いったいどうなっていたか…

本人いわく、ごちゃごちゃと考え事に気を取られて(「雲」)、電源オフだしすぐに片付けるからと、うっかり置いたままにしてしまったそうです。

それにしても、ストーブの間近に燃えやすいものを置いておくなんて、どういうこと!と、わたしからは何度も雷(これも一部の雲のカードに描かれています・笑)が落ちて、拒絶された感ですっかり参った「山」かな?

それとも、山のカードは、遠くとか隔絶という意味合いがあるので、雲のカードと合わせれば、空想や考え事で「心ここにあらず」な旦那様、というふうにも読めます。

朝のうちにここまで読んでおいて、夫に注意しておけば防げたかしら??

デイリーカード、もう少しじっくり読む時間を取ろう。と、思ったのでした^^;

 

タイマーや安全装置など、便利になっていますが、火は、火。

この時期、くれぐれも気をつけないといけませんね。

Top image by Benjamin Balazs from Pixabay

PAGE TOP