タグ「 家 」の記事

5件の投稿

ルノルマンカード【家】ナオミ・ノアの占い講座

象徴(シンボル)

ナオミ・ノアのルノルマン占い講座【カード解説】家

比較的裕福な家族の住む家(邸宅)が描かれます。
物理的な建物そのものより、家の機能や役割が重要です。
実際の家は大小・世界中さまざまですが、まずは理想としての豊かな家庭とその住まいをスタート地点として考えます。

よく用いられる意味合い

心理や人間関係を占う時は、家族の絆、そのあるべき姿を基本に。
問題を客観的に見ていく場合は、外の社会よりも家庭内、個人的視点に重心をおきます。
周りのカードによって、家庭や(我が家での)私生活がどうなっているか、どうなっていく(べき)かを見ていきます。

占いのゆくえ、方向性

世界的・歴史的に見れば、例えば愛人が同居していたり、一夫多妻であったり、地域や時代によって「家」のあり方に違いがあるでしょう。でも、そこが生活の拠点であるとか、身を守る空間、帰る場所であるといった共通する意味合いがありますから、いつもそこに立ち返って考えましょう。

カードの性質上、安定・平和を好みます。現状維持に問題がないなら、根本的な改革や変化よりも、安全・確実に充実を目指せる道から探っていきます。

「家」のカードが表すのは、あくまで家庭やプライベートの理想・あるべき姿が「頭上に掲げられている」感じと思って。「プライベートが大事だよ」というメッセージを受けて、実際に自身が理想的な状態かどうかは、周囲のカードからの影響を客観的に見て判断します。

ネガティブな意味の場合・注意すべきコンビネーション

想定外の人物が占い結果に関わっている場合は、さらにその人物の影響が良いものか悪いものかをつきとめておきましょう。追加の占い・カード展開をやってみれば、初心者でもわかることが多々あります。限られたカードから人物をより具体的に特定するには、少し知識と練習が必要です。(わたしの講座でも各カードの人物像や心理は実践講座、分類的な人物の見方は上級講座で解説してます)

「家」が特に嫌うカードは当然ながら「ねずみ」。家そのものや財産が損なわれるおそれ。
家庭を中心に考えると「蛇」による欺瞞や不和、「棺」「十字架」は家族の病気や心理的な問題を暗示します。

人物や時期

典型的な「家」の人物像は、良い環境や人間関係の中で育ち、態度が安定した人。愛情深く、安心感のある、楽しく居心地の良い人。「深さや鋭さ」よりも心の広さが優先します。経験豊富なためにだいたいの人とうまくやっていけますが、心の奥を掘り下げるようなことはあまりしません。

時期は「4」という数を基本に予測する場合と、「予定通り、恒例」という線から想定する場合があります。周囲のカードからも不安定な影響が少ないようなら、まずは確率的にありそうな時期から順に考えてみます。

デイリーリーディングで出たら

家、住まい、そこに住む家族、家庭についてのメッセージなど。
短期的な占いですから自由に、居場所、居心地から連想してみましょう。落ち着ける場所やソファーなどもありです。
何か問題ありそうな展開の時は、家庭環境、または家やPC・スマホやクレジット等のセキュリティを見直すとか。

Top image by Greg Montani from Pixabay

「家」のタグの記事

ナオミ・ノアのルノルマン占い【実占練習】デイリードロー

今、「ルノルマン占いコミュニティ※」のほうで、「今日のカードをシェア」という占い練習をやっています(^^)

※現在は運営終了しています

スリーカード・スプレッドを使って、「今日のメッセージ」をカードで引いて、その解釈をやってみる、そして、一日が終わったら振り返ってみる、という練習です^^

メンバーの皆さんのほとんどは、最近ルノルマンカードを手にしたばかり、あるいは、カードは持ってはいたけど占いに使ったのは初めて、といったビギナーさんでいらっしゃいますが、皆さんバシバシと、「今日にぴったり」のカードを引いていらして、すごいです。

ルノルマンカードは、ラポール=カードリーダーとカードとの間の“つながり”を築きやすいカードなのですが、それにしても、怖い~~~と言いたくなるような?!(笑)あまりにドンピシャなカードが出ることもあって、今さらながらルノルマンカードってすごいな~と思います(´ω`人)

デイリーリーディング、とか、今日のカード、といったものは、英語では「Daily Draw(デイリー・ドロー)」という呼び名が一般的です。毎日(daily)引く(draw)カード、という意味ですね^^

「Lenormand daily draw」というキーワードで検索などしてみるとわかりますが、欧米では最近は特に、たくさんの方がブログなどでその日のカードを披露して振り返る、ということをやっているので、興味のある方はぜひ一度ググってみると面白いかと思います♪

毎日のカードを出していて面白いのは、その日一日の指針やアドバイス、アクシデントなど、「カードを引いておいてよかった!」と心底思うようなことが出ることもあれば、「今日のカードはどういう意味だったんだろう…」と思うようなことが出ることもある点です(笑)

アメリカの友人の例では、「その日に観た映画の内容が出ていた」こともあったとか…(ノω`)

たしかに、私たち一般人は特に(笑)、毎日がドラマチックというわけではないですし、ルノルマンカードにしてみたら、「今日は何事もなく平穏だよ~」という日でも、3枚とか5枚とか、カードを求められるので、とにかくその日を象徴するような何かを、カードで伝えておこうということなのでしょうか^^

わたしは、まだ、映画の内容がカードに出たことはないですが(笑)、

主人に町へ買い出しに行ってもらう予定の日に占って、

 +  +  + 手紙 + 

のカードが並んだことがありました。

車で出かけるので、最初の「船」は主人が運転する車だろうと思いました。

「本」は記憶と関係があり、「鳥」は電話を表すので、車で出かけた先で何かを思い出して、留守番の私に電話をするのだろうと読み、きっとそれは「あとほかに何を買うんだっけ?」というようなことだろうと踏みました(いつものパターンなのです…)。

それで、ぜったいに買い忘れがないように、この日は朝のうちに買ってきてほしいものをリストに書き出し、主人に渡しておいたのです(^^)

最後の二枚、手紙と家の組み合わせはどういうことか特に思い浮かばなくて、家にいるわたしへのメッセージが何かあるのかな?くらいにしか考えませんでした。

とにもかくにも、買い物リストはばっちりだし、ルノルマンカードのメッセージをちゃんと生かせたぞ♪とわたしは安心して主人を送り出したわけですが、

なんと、15分もたたないうちに、わたしが主人に電話をする羽目に…

あろうことか、主人は、せっかく手渡したはずの「買い物リスト」を、テーブルの上に置き忘れて出かけてしまっていたのでした(*`ω´*)

手紙のカードは買い物リスト、ということで、この日のカードは

「車で出かけた(船)先で、電話(鳥)をすることになるよ、電話の内容は忘れ物(本)についてで、それは家(家)に置き忘れた買い物リスト(手紙)のことだよ」

…という具合に、電話でのやり取りの内容を明かしていたのでした><

途中までは、読めていたんだけどな…笑

ルノルマンカードはとにかく語彙が豊富なカードなので、そこが楽しくもあり、また、泣き所にもなりますね苦笑

デイリーリーディングはとても練習になるので、ルノルマンカードに興味のある方には、ぜひおすすめです(^^)カードの意味や、解説がほしい方は、ぜひルノルマン占いコミュにもご参加くださいね♪

ルノルマンカード【本】ナオミ・ノアの占い講座

なんとまたまた「探し物」です^^;

ビーズアクセサリーを作るのが好きで、10年位前に買った「デザイン本」があるのですが、なんと「ここに入れてあるはず」と思った棚に見つからない(>_<)

最近、年なのかな?^^;ついこの間ここにしまったと記憶があるのに、ないんです(泣)

主人にも手伝ってもらって、思い当たるところを片っ端から探しても、見つからない。。なのでルノルマンカードで占ってみることに…。

展開は、ノーレイアウト法(NLO)。欲しい情報、占いたいテーマがハッキリしているときは、やはりNLOがベストです^^

ルノルマンカード占い

手紙 + ブーケ + 家 + 鳥 + 魚

探している本の「ありか」=今ある場所についての情報が欲しいので、キーカードは【家】です。

まずはキーカードの左側のカードを見ます。カードは「ブーケ」。幸せ、華やかさ、メイクや装飾(品)などに関係があるカードです。

次に、キーカードの右側を見ると、「鳥」。口頭でのコミュニケーション全般をさすカードなので、よくおしゃべりする場所とか、あとは電話機や楽器類もこのカードの意味に含まれます。

幸せや装飾に関係があって、なおかつコミュニケーションと関係のある場所。

さらに読むと、ブーケの隣には「手紙」のカード。鳥のカードが口頭のコミュニケーションを表したのに対して、手紙は「文字」による、もしくは文字ではなくても何らかの「有形の」コミュニケーションを表します。

手紙とブーケの組み合わせは、もらって嬉しかった手紙とかカード…あとはブーケは笑顔とも関係があるので、写真類も当てはまりそう。

右側の鳥に魚のコンビネーションは、魚が自由とか活発さ、活動や行き来を意味するので、やっぱり遊びやその他「楽しい活動」「たくさんおしゃべりをすること」を表していそうです。

もともと、その本は寝室の棚の片隅に、ビーズと一緒に置いておいたものなのですが、その本を参考にビーズアクセを実際に作ったのは、一番最近でなんと1年ほど前^^;ということでその後の記憶があいまいなのです…。

でも、寝室以外で制作作業はしないので、写真の近くといっても、写真やアルバムを片付けてある納戸ではないと思うし、遊びや活動といっても、子供部屋なら「子供」のカードが出ているはずだし…

それ以外で思いつくのは、寝室と隣接した3畳間…愛猫とお話したり遊んだり、時には一緒にお昼寝したりする場所なので、ブーケと鳥のカードはしっくり来ます。問題は、その部屋には写真類とか手紙類は置いてないこと。

とりあえず、その小さな部屋をとことん探して見ましたが、やはり見つからない…

思った以上に難題になってきてしまいまいた^^;;;

最初のリーディングで行き詰ったときは、「別の角度・質問で追加のリーディングをして、答えを絞っていくこと」と、スタインバック女史はアドバイスしています。

正直、そのうち出てくるかな^^;;と弱気になったのですが、せっかくの機会なので、追加リーディングをしてみようと思います(^^)

続きはまた後ほど!

PAGE TOP