タグ「 棺 」の記事

4件の投稿

ルノルマンカード【家】ナオミ・ノアの占い講座

象徴(シンボル)

ナオミ・ノアのルノルマン占い講座【カード解説】家

比較的裕福な家族の住む家(邸宅)が描かれます。
物理的な建物そのものより、家の機能や役割が重要です。
実際の家は大小・世界中さまざまですが、まずは理想としての豊かな家庭とその住まいをスタート地点として考えます。

よく用いられる意味合い

心理や人間関係を占う時は、家族の絆、そのあるべき姿を基本に。
問題を客観的に見ていく場合は、外の社会よりも家庭内、個人的視点に重心をおきます。
周りのカードによって、家庭や(我が家での)私生活がどうなっているか、どうなっていく(べき)かを見ていきます。

占いのゆくえ、方向性

世界的・歴史的に見れば、例えば愛人が同居していたり、一夫多妻であったり、地域や時代によって「家」のあり方に違いがあるでしょう。でも、そこが生活の拠点であるとか、身を守る空間、帰る場所であるといった共通する意味合いがありますから、いつもそこに立ち返って考えましょう。

カードの性質上、安定・平和を好みます。現状維持に問題がないなら、根本的な改革や変化よりも、安全・確実に充実を目指せる道から探っていきます。

「家」のカードが表すのは、あくまで家庭やプライベートの理想・あるべき姿が「頭上に掲げられている」感じと思って。「プライベートが大事だよ」というメッセージを受けて、実際に自身が理想的な状態かどうかは、周囲のカードからの影響を客観的に見て判断します。

ネガティブな意味の場合・注意すべきコンビネーション

想定外の人物が占い結果に関わっている場合は、さらにその人物の影響が良いものか悪いものかをつきとめておきましょう。追加の占い・カード展開をやってみれば、初心者でもわかることが多々あります。限られたカードから人物をより具体的に特定するには、少し知識と練習が必要です。(わたしの講座でも各カードの人物像や心理は実践講座、分類的な人物の見方は上級講座で解説してます)

「家」が特に嫌うカードは当然ながら「ねずみ」。家そのものや財産が損なわれるおそれ。
家庭を中心に考えると「蛇」による欺瞞や不和、「棺」「十字架」は家族の病気や心理的な問題を暗示します。

人物や時期

典型的な「家」の人物像は、良い環境や人間関係の中で育ち、態度が安定した人。愛情深く、安心感のある、楽しく居心地の良い人。「深さや鋭さ」よりも心の広さが優先します。経験豊富なためにだいたいの人とうまくやっていけますが、心の奥を掘り下げるようなことはあまりしません。

時期は「4」という数を基本に予測する場合と、「予定通り、恒例」という線から想定する場合があります。周囲のカードからも不安定な影響が少ないようなら、まずは確率的にありそうな時期から順に考えてみます。

デイリーリーディングで出たら

家、住まい、そこに住む家族、家庭についてのメッセージなど。
短期的な占いですから自由に、居場所、居心地から連想してみましょう。落ち着ける場所やソファーなどもありです。
何か問題ありそうな展開の時は、家庭環境、または家やPC・スマホやクレジット等のセキュリティを見直すとか。

Top image by Greg Montani from Pixabay

「家」のタグの記事

ルノルマン【火山を占う】

あらためまして、新年おめでとうございます。

タイトルが、穏やかではありませんが・・・

向こう一年間の日本についての占いで、不穏な暗示がいくつか出てしまったので、なかでも気になった事柄をより詳細に占ったうちのひとつです。

こういった占いは、雑誌やTV、占いモールなどでは、「不安を煽るので、出さないでください」と言われたりしますが、こちらのブログに書くことは、あくまで、わたし個人が気になることを占ったもの、またはクライアントさんから了承を得た実例を、ルノルマンカードに興味のある方、ルノルマン占いを学びたい方の参考のために、載せています。信じるかどうかはご覧になる方の自由ですので、そのあたり、ご了承くださいませ。(私はもちろん、カードの告げることを信じて占いをしています^^)

御嶽山の噴火もまだ、記憶に新しく、ショックも癒えていないとはいえ、世界に目を転じても、昨年あたりからアイスランド、インドネシア、アフリカなど各地で大きな噴火が続いているようです。

もちろん、いつの時代も、どこかでつねに火山の噴火はあったのですが、ここのところの噴火は、規模や、地震および異常気象との連動が、個人的には気になっていました。

日本は火山大国とはいえ、富士山、箱根山などは最近のニュース欄でも時々、話題を目にしますね。。

そこで、気になる「富士山は近々噴火するでしょうか?」という質問を、ルノルマンカードで占ってみることにしました。

IMG_0135

富士山をあらわす「山」のカードが、グラン・タブローの最上段に。。

これは、もう、「いつ噴火してもおかしくない」状況です。

山のカードの下にある、「棺」のカードが、グツグツと内部で煮え返る、マグマ溜まりを暗示しているようにも見えます。

棺のカードは占星術的には「冥王星」と対応しますので、やはり破壊的な力が富士山(山)の地下に蓄えられているといえるでしょう。

そのさらに下には「熊」「錨」のカードが続き、熊はそのエネルギーの大きさを、そして錨のカードは深さ、および「プレート」からの影響を暗示しているようです。

「本」のカードは調査がなされていることやデータ収集が行われているとも読めますが、閉ざされた本ですので、「すべてを知ることはできない」「人間にはわからないことが多い」「データや調査で予知は難しい」ということになるでしょう。

山のカードが出ているのが7室であることも、人の目を欺く、といった意味合いになり、一見穏やかであったり、あるいはたとえ火山性微動などの“前兆”のようなものがあっても、それだけでは噴火の有無を判断できない、ということのようです。

気になるのは、直近の未来に出ている「犬」。

これは、「伴う」「ついていく」「あとに続く」といった意味で、つまりは、「友」のような存在の、おそらく別の火山が先に噴火し、それに続いて富士山も噴火する、という暗示に思えます。

富士山の「友」といえば、やはり、同時期に同じプレート活動でできたと言われる「箱根山」でしょうか・・・。

ときどき言われている、箱根山と富士山の連動噴火が、やはり濃厚なのだとすると、箱根山が怪しい様子を見せたら、近辺にお住いの方は本当に要注意、と心づもりをしておかれるのが賢明かもしれません。

一方で、昔の浅間山の大噴火などは、遠く離れたアイスランドの「ラキ火山」の大噴火に“連動”して起きたという情報もあるので、富士山の本当の「友」がどの火山なのか、断言は難しそうです。

アイスランドでは、すでに昨年から、バルダルブンガという火山が深刻な規模で噴火を続けているようなので、用心には用心を重ねたいですね。

かくいうナオミ自身も、活火山からそう遠く離れていない場所に住んでいるので、日頃から備えを心がけていきたいです。

今回の展開の中には他にも、なぜかは詳しくわかりませんが、海や空での事故が、大きくみれば、富士山の噴火の前触れ的に、関係があるらしいことも暗示されていました。特に電波や通信、レーダーその他のテクノロジーが、「富士山噴火に影響を及ぼす同じエネルギー源」から妨害を受けるようです。

いずれにしても、備えあれば憂いなし、気をつけて過ごしていきましょう。

Top image by Clker-Free-Vector-Images from Pixabay

ルノルマン【死のカード】

昨日のデイリーリーディングはスリーカードで、「棺+船+クローバー」が出ました。

ルノルマンカード占い

ルノルマンカードに限らず、たいていどんな占いカードにも「怖いカード」というのが含まれているものです。

タロットカードなら「死神」や「塔」、プレイングカード(トランプ)ならスペードのエースやスペードの9など…

ルノルマンカードは、なにより絵柄が愛らしいデッキなので、36枚すべてを眺めても、いかにも「怖い」というカードは基本的にないように思います^^

ただ、カードの意味として、「怖い」と感じるかもしれないものは確かにあって、たとえば上のスプレッドの最初に出ている「棺」のカード。

棺、棺おけは、死者をおさめる箱ですから、このカードの意味として昔から「死」がメインのものだったことは、想像に難くないと思います。

ただ、このカードが出たからといって、文字通り誰か-たとえばカードを引いた本人が死ぬとかいったことにはなりません。それは、タロットで「死神」が出るときと同じことですね^^

もちろん、文字通りの死を意味することはあるにはあるのですが、、、それでもそういう場合は、「棺」のカードだけでなく、ほかにも一緒に「命の終わり」や天国への旅立ちを暗示するカードが出るものですし、そもそもいくら占いカードだからといって、ある日突然、脈絡もなしに、「あなた今日死にますよ」なんてことを言い出すカードは基本的にありませんので(笑)、棺が出たからといっておびえる必要はありません(^^)

昨日の展開の場合は、棺のカードは「すでに終わったもの」「比ゆ的に死んでいるもの」を表していると読んだのですが、船のカードはそういう「終わったもの」を後にして新しく旅立つことを、クローバーはその先に幸運や幸せが待っていることを、表しているようです。

実際は、確かに…過去のつながり、終わったものと自分の中ではケリをつけていた「ある人」から連絡があり、どうしたものかと思いましたが、カードの意味を考えて、返信はせずにおきました。

カードを出していなかったら、「挨拶くらいはしたほうがいいかな…」と迷ってしまったかもしれません^^;

棺のカードは、また改めてカードの解説の記事でもお伝えしますが、大きな変化、何かが終わることで新しい始まりがやってくる、そんなふうにとらえておくといいと思います。

Top image by Gordon Johnson from Pixabay

PAGE TOP