カテゴリー「 講座 」の記事

24件の投稿

ルノルマンカード10番「鎌」→30番「ユリ」

さて、経験的にしっくりきた実占例では、
あるものを切り捨てた結果(鎌の意味)
心に平穏が訪れる(ユリの意味)
という解釈。
この事例では、鎌で切り捨てられた「あるもの」は、負担が膨れ上がった厄介な問題で、一日中そのことを気にして他の一切のことに頭も気持ちも向けられなくなるほどになっていました。

その問題を自分だけで片付けられるなら、集中して「一気に」片付けてしまっても「鎌」の範囲内に収まっていたでしょう。あとで振り返ると、イレギュラーな方法の奇策を使えばなんとかごまかして解決を先延ばしにすることもできたようです。でも現実は、自分ひとりでどうにかなる範囲を超えてしまっていた上に、その時点では「奇策」も思いつかず、他に頼れる人もいなかったため、問題そのものを放棄してリセットする結果となりました。

「鎌」には「瞬時」という意味がある

その時もし、解決を先延ばしにしていたら、時が解決していた可能性も実際にありました。でも、先延ばしは「鎌」ではないのです。時が解決するのを待っていたら、別の何かを失っていたのかもしれません。

その人は結果的に、費用的な損害も含めてスッパリその問題から手を引いたことで、日常の過ごし方がリセットされ、大切な人間関係や自分の仕事に早く向き合うことができました。瞬時にバッサリ切り捨てる「鎌」のおかげで、大切な日常の平和=「ユリ」を失わずに(手遅れにならずに)済んだと考えることができます。

「鎌」→「ユリ」なら、伐られる対象はユリではない

時系列的な流れの中でユリが後に出た場合はもちろんですが、「鎌」のカードの意味の中にすでに「今ある何かを切る」というニュアンスが含まれているので、「ユリ」は「鎌で何かを切ったこと」についての結果や影響や人生における意味などを説明していると考えるのが自然です。

「鎌」の直前や、時間的過去や、原因などの位置に出たカードがむしろ、刈り取られる対象の有力候補です。枚数の少ない展開などで「鎌」の対象がはっきりしない場合などに、改めて「何を切り捨てればいいのですか」と占うこともできますが、そうやって「ユリ」が出たのでない限り、「平穏が切り裂かれる」とか「青天の霹靂」と読んでしまうのは危険です。

「ユリ」→「鎌」だと

反対に、「ユリ」→「鎌」という展開であれば、そのような出来事を暗示する場合もあります。「鎌」が「早い展開」「一瞬で一変する出来事」を示すこともあるからです。それでも、前にこのブログでも書いたように、本来は「鎌」を振るうのは本人(自分自身)ですから、仮に青天の霹靂のような事態があったとしてもそれはやはり、当人がそれまでの平穏に甘んじていないで(「ユリ」の静寂や停滞をいったん切り裂いて)何かを決断する・ケリをつけるといった解釈を中心に考えるべきでしょう。

また、「ユリ」を人物と見なす解釈も選択肢としてはありますが、その辺の系統立った説明は上級講座の内容になってしまうので今日はこの辺で(^^)

ルノルマンカード24番、ハートの話です。

愛のカードではあるけれど

わたしの実践講座で解説している通り、24番が出たらいつでもイコール恋愛感情あり、とはいきませんが、もちろん、バッチリ恋愛モードを表すケースもちゃんとあります。
本人の気持ちの中心や周辺にこのカードが出ないのに、本気で好きだとか嬉しいとか、それを心から求めていると解釈していいの?と疑ってみるケースもあります(枚数の少ないスプレッドなどでは、リングなど他のカードがハートを包括している時もあります)。

間違いなく言えるのは、感情が重要

または感情が動く、動いているということ。

感情の問題である、結論は感情次第である、良くも悪くも感情に動かされている、といった意味合いが含まれています。

感情は見方・考え方次第で180度変えることもできますし、時とともに変わってしまうこともあります。

感情は時に頑迷で、時に脆いものです。

とはいえ、ハートなくして幸福もないでしょう、好意や喜びも。

そして、愛?

愛してる?
愛してくれる?
それはもしかしたら、気持ちだけのこと?

ルノルマンのハートのカードは、あえていうなら、愛のカードというより「愛情」のカードなのかもしれません。

愛情と愛は違います。

愛情とは、「愛したい」という 感情 です。
愛とは、
「愛したい(好きな相手、愛おしい相手に対して)」や
「愛すべき(我が子やペットなど責任を負っている相手に対して」を
行動に移すこと。

愛したいという感情である「愛情」は、行動がともなって初めて愛になります。難しいですか?
「愛してるよ」と口で言うばっかりで具体的に何も気遣ってくれず自己中な人を想像してみれば、「愛情」はあっても「愛」はない、という具体例、わかりやすいでしょうか?
(昔の夫を思い出しつつチラリと視線を送る……ビクッとする夫

ハートのカード1枚だけを見て、恋愛感情は確かにあるとしても、ちゃんと愛してくれるかどうかまでは保証がありません。

愛は行動。

ということで行動してくれるか、気持ちだけか、それが問題だ(笑)
そこを他のカードで見ていきます。

「行動」を表すカードは、いくつもありますが、

例えばきつね。

「きつね」はざっくりいえば「働く」カード。理想の仕事か天職かなどはまったく関係なく、とにかく家族を養うために手段を選ばず獲物をとってくるわけです。実際のきつねという動物は、とても家族を大事にするようで、夫婦交代で忙しく食糧を集め、保存します。お母さんが赤ちゃんに授乳している間は、お父さんがせっせと働きます。

「自分を好きでいてくれるのはわかるけど、結婚してちゃんと生活できるのか」ということが気になる時、 未来に「ハート」と「きつね」が出ていれば、少なくともグウタラの心配はしなくていいかもしれません。動力源であるハートがしぼまない限り、精力的に頑張ってくれるでしょう。

「ハート」と「熊」の場合、

きつねよりも熊は大量の食糧を確保してくれる気がしますが、例えばきつねは立場とか報酬とかあまり気にせず働いてくれるのに対し、熊は独占欲や支配欲が強い傾向があります。一緒に出たカードによっては、年収が高い代わりに精神的束縛も強いといった可能性も考えられます。

なーんて感じで
「魚」だったら?
「犬」だったら?
「船」だったら??

「ハート」の愛情がどういうカードで補足されるかによって、

現実の行動や関係が変わってくるわけですね。
おつきあいをする前の恋の悩みだと、ともかくハートがあるのかないのかばかり気になる人も多いかと思いますが、実際に恋人として楽しめるのか、家族として幸せになれるのか、となると、ね。

「ハート」は大事だけど「ハート」だけでは、

まだなんとも言えない場合もあったり。

不安に思ってることなどをルノルマンカードで占っていて、10番の「鎌」が出ると、一瞬ギョッとすることもあります。

「鎌」の意味の中心は、

「自分の意思と行動で」バッサリ何かを刈り取ることにあります。ルノルマンカードの絵柄では、麦などの束と一緒に描かれることが多いですね。

鎌は刃物なので確かにコワイものですが、普通、鎌を持つのは自分です。あなたのことを示す場所に「鎌」が出ているなら、名前が麦さんや稲さんとかでもない限り(笑)、あなたが刈られるということではないと思っていいでしょう。

もし、がんじがらめにあなたを束縛している状況があって、「まるで今の自分は稲藁の束じゃないの!」と思ったとして、稲藁の束は既に刈られたあとですから、鎌にこれ以上襲われることは(普通は)なくて、むしろ、あなたをぐるぐるに束縛しているロープを切るために鎌が使われる確率のほうが高いです(もちろん、何ごとも状況によりけりなので絶対ではありません)。

すでにお気づきのあなた、そうですね、

「鎌」のカードにセットでよく描かれるのは、

収穫の束。鎌は収穫のために振るう(振るわれた)のです。刈り取って、手に入れる。刈り取って、キープする。刈り取って、有効に消費する。

そのための鎌です。

例えば、一緒に「熊」が出ていれば、

どんどん活動的に利益を確保していくことを表しているかもしれません。なぜって、春の熊は冬眠明けで飢えていますし、夏の熊は結婚相手を探し(雄はライバルと闘い)、秋の熊は冬眠のために貪欲に脂肪をたくわえなくてはなりません。「鎌」と一緒に出た「熊」は、少なくとも雪の下で冬眠中ではないはずです(もしまだ寝てるなら早く起きて!)。

ただ、

熊の前足の爪は、鎌のように

鋭く長いものでもあります。

もし、あなたではない誰かや、何ものかが、鋭い爪で収穫のために歩き回っているのだと解釈できる状況なら、あなたも身構えなくてはならないかもしれません。あなた自身も、得られるものを確保して、得るべきパワーを身につけて、打てる確実な先手を打つべき時かもしれません。

PAGE TOP