ナオミ・ノアのルノルマン占い講座【太陽】カード解説

象徴(シンボル)

山の上から昇る、夜明けの太陽が描かれます。
輝く光と熱、すなわち、栄光とまっすぐな情熱を象徴しています。
唯一にして最高の力を持つ天体として崇められてきた影響も、もちろん引き継がれています。

よく用いられる意味合い

大いなるエネルギーがそこにある、注がれることは期待できます。
ただ、ルノルマンカードの中では、太陽のカード1枚だけで何もかも成功を約束されるような、強大な万能なパワーを期待すべきではありません。それより、太陽の光が地上の隅々まで降り注ぎ、多くの動植物に活力を与える様子をそのまま占いに生かすのが良いでしょう。
視点を変えると、努力の成果として良いパフォーマンスの再現、試練を乗り越えての復活などを約束してくれる意味合いがあります。

占いのゆくえ、方向性

もっともよく現れるのは、これから始まる、上昇するという意味合いです。
また、太陽のカードの周囲では、何かが明らかであること、明確な理論通りに事が運びそうだということに、安心すべきでしょう。
おそらく男性的な価値観が優勢である状況なので、「月」のカードがより重要な位置にないなら、霊的な感性や感情に頼るより、理論や計算の裏付けをあてにするほうが良いかもしれません。
そうした太陽らしい姿勢を維持する限り、仕事や金銭面にはだいたい良い意味と運があると見て良いです。

ネガティブな意味の場合・注意すべきコンビネーション

たいていの問題が正当な方法で解決しますが、隠れた問題、特に心理面の根深い混乱は守備範囲外です。場合によっては、正論が余計に溝を深めることもあります。
強すぎる力、プライド、エゴが禍根を残すこともあり、強引すぎる手法が他者に犠牲を強いるかもしれません。「山」「塔」「熊」など頑強さを助長するカードとのコンビには、占い師・アドバイザーとして配慮が大切です。太陽の本来の良さである、公正さ、心の広さ、弱き者を助ける人徳を呼び起こしましょう。

人物や時期

自分らしさ、目標がはっきりしている人物であることが多いです。単に明るい人、ポジティブな人というだけかもしれません。でもとにかく前向きです。
誰か力のある存在からの保護や援助が得られる暗示もあります。
活力が満ちるカードですから、時期についても、力や効果が最大に発揮されるタイミングを示すことがあります。ビジネスなどでは利益の最大値に賭けるのではなく、正当で確実であることを重視して。
時期を見る際の数字では、ナンバーの「31」がズバリの場合もありますが、例えば「1から10までのうちでいえば1から3くらい」の初期・序盤を指す傾向があります。

デイリーリーディングで出たら

とにかくくよくよ悩むより、前向きに行動するのが良さそうです。
答えの見えない難しい問題よりも、やるべきだとわかっていることを着実にクリアするとか。
社交的に動くのにも良い時です。

ナオミ・ノアのルノルマン占い講座【カード解説】32月

象徴(シンボル)

夜、多くの場合海の上に、ぼんやり光る月が描かれます。
現実に月は太陽の光を反射しているわけですが、象徴的にも、男性的なシンボルとしての太陽の対照的な意味合いを持たされることが多くなります。
女性、母性、感情、直感、水、海、夜、時に闇。でも、対照的であるだけで、月と太陽は両輪。陸より海が広いのが地球です。

よく用いられる意味合い

対象との関係を見るなら、共感、愛情、私的な感情を重視します。
個人的な感情や感覚・インスピレーションは増幅されます。
多くの女性が得意とするような能力や、女性的な美徳が、大いに生かされます。

表面的には平和と静けさが求められますが、水面下はまた別です。

占いのゆくえ、方向性

月のカードは、新しい刺激よりも、今ある環境、心の状態の充実を求めます。現状が比較的平和なら、まずは良い意味に解釈できます。
隣り合うカードの影響を受けやすいですが、男性的な価値観に振り回されなければ、最終的には直感や心の声にしたがって自分らしい選択ができそうです。

ネガティブな意味の場合・注意すべきコンビネーション

めでたくロマンスが実現することもあれば、ロマンチックな妄想の中をさまようこともあります。本来の直感を研ぎ澄まし、気持ちを乱す考えや思い込みを取り除く必要があります。心のよりどころをしっかり持って、感情の不安定さを乗り越えましょう。現状がもともと悪い時や、周囲のカードが不穏な場合は、感情の興奮や冷え込みや乱高下、病的な精神状態に注意します。

人物や時期

美と愛を重んじる感性豊かな人物ではあるはずです。

  • 母性的/純粋純情
  • 誰とでも心を通わせ打ち解ける/孤独を愛する

月のカードはこうした両面を持ち合わせているので、現実の状況と周囲のカードで実際の判断をします。
時期に関しては、敏感な反応で変化する場合と、経験や習慣から察した通りになる場合とがあります。幸運を増幅するカードとともに出ていれば直感でひらめいた数字が当たることも。あとは32日、32時間など、または「8」に関係する時期を検討します。

デイリーリーディングで出たら

  • 暦の区切り・祝いに関すること
  • 良い知らせ、喜び
  • 親しい人と過ごす幸せな時間
  • 新しいことよりもすでにある存在や関係

心の充実、プライベートや芸術方面などからも発想を広げて。

Top image by ELG21 from Pixabay

「月」のタグの記事

ルノルマンカード【家】ナオミ・ノアの占い講座

象徴(シンボル)

ナオミ・ノアのルノルマン占い講座【カード解説】家

比較的裕福な家族の住む家(邸宅)が描かれます。
物理的な建物そのものより、家の機能や役割が重要です。
実際の家は大小・世界中さまざまですが、まずは理想としての豊かな家庭とその住まいをスタート地点として考えます。

よく用いられる意味合い

心理や人間関係を占う時は、家族の絆、そのあるべき姿を基本に。
問題を客観的に見ていく場合は、外の社会よりも家庭内、個人的視点に重心をおきます。
周りのカードによって、家庭や(我が家での)私生活がどうなっているか、どうなっていく(べき)かを見ていきます。

占いのゆくえ、方向性

世界的・歴史的に見れば、例えば愛人が同居していたり、一夫多妻であったり、地域や時代によって「家」のあり方に違いがあるでしょう。でも、そこが生活の拠点であるとか、身を守る空間、帰る場所であるといった共通する意味合いがありますから、いつもそこに立ち返って考えましょう。

カードの性質上、安定・平和を好みます。現状維持に問題がないなら、根本的な改革や変化よりも、安全・確実に充実を目指せる道から探っていきます。

「家」のカードが表すのは、あくまで家庭やプライベートの理想・あるべき姿が「頭上に掲げられている」感じと思って。「プライベートが大事だよ」というメッセージを受けて、実際に自身が理想的な状態かどうかは、周囲のカードからの影響を客観的に見て判断します。

ネガティブな意味の場合・注意すべきコンビネーション

想定外の人物が占い結果に関わっている場合は、さらにその人物の影響が良いものか悪いものかをつきとめておきましょう。追加の占い・カード展開をやってみれば、初心者でもわかることが多々あります。限られたカードから人物をより具体的に特定するには、少し知識と練習が必要です。(わたしの講座でも各カードの人物像や心理は実践講座、分類的な人物の見方は上級講座で解説してます)

「家」が特に嫌うカードは当然ながら「ねずみ」。家そのものや財産が損なわれるおそれ。
家庭を中心に考えると「蛇」による欺瞞や不和、「棺」「十字架」は家族の病気や心理的な問題を暗示します。

人物や時期

典型的な「家」の人物像は、良い環境や人間関係の中で育ち、態度が安定した人。愛情深く、安心感のある、楽しく居心地の良い人。「深さや鋭さ」よりも心の広さが優先します。経験豊富なためにだいたいの人とうまくやっていけますが、心の奥を掘り下げるようなことはあまりしません。

時期は「4」という数を基本に予測する場合と、「予定通り、恒例」という線から想定する場合があります。周囲のカードからも不安定な影響が少ないようなら、まずは確率的にありそうな時期から順に考えてみます。

デイリーリーディングで出たら

家、住まい、そこに住む家族、家庭についてのメッセージなど。
短期的な占いですから自由に、居場所、居心地から連想してみましょう。落ち着ける場所やソファーなどもありです。
何か問題ありそうな展開の時は、家庭環境、または家やPC・スマホやクレジット等のセキュリティを見直すとか。

Top image by Greg Montani from Pixabay

「家」のタグの記事

PAGE TOP