カテゴリー「 カード解説(コンビネーション) 」の記事

12件の投稿

[鎌]と[魚]コンビネーションbyナオミ・ノアのルノルマン占い

前編の話を思い出しましょう(実は前後編、同時投稿なんですけど)。

「魚」の意味合いの中に「鎌」が含まれてるじゃん、

という話をしていたのですね。

そう、こういうことは、カード占いではよくあります。

カードのたくさんの意味の中には、相互に共通した意味合いも多々あります。
共通の意味合いに着目するリーディング手法・手順ももちろんあります。

ただ、今回のように、「鎌」のカードを「断ち切ること」として読むだけだと、その意味がそっくりそのまま「魚」に吸収されてしまうので、

「鎌」が出た意味って、なくない?

という素朴な疑問が浮かんできてしまうのです。

こういう時はどうしたらいいかといいますと。

「さらに違う意味を探る」必要が出てきます。

わざわざ、「魚」の前に「鎌」が出た意味は?

「別になくてもいいよね」というカードは、出ないという前提で読むことが、カード占いの醍醐味です。(厳しい言い方をすると、醍醐味というより鉄則です)

「鎌」を見て(せっかく!)パッと思いついた「何かを断ち切る」という意味が、しゅるるっと「魚」に全部飲み込まれてしまったわけです。(なんてこと!)

そうなったら、

「魚」にはない、

「鎌」の意味で、しかも、

この2枚の流れにスムーズに「はまる」意味を掘り出します。

視点を変える

「鎌」の用いられる場面や、鎌は道具ですから、そもそも人はなぜ「鎌」を使うのかを考えます。

解説書を漁って意味を探し回るのも悪くありません。でも、それはけっこう最終段階ですし、解説書はあくまで情報でしかありません。ググってみても同じことです。

ですから、正解かどうかは結局、自分が判断しなければなりません。

それよりは、まず、占いをやる上で絶対必要な「柔軟な感性」をもっと活用しましょう。上に書いたみたいに、「鎌」の姿を、鎌を使う場面を、鎌そのものの存在する意味を、上下左右、過去現在、イメージする、考えるのです。

鎌のもうひとつの意味

収穫に時あり

旧約聖書の『伝道の書』に、こんな一節があります。

植えるに時があり、植えたものを抜くに時があり、

(聖書 口語訳『伝道の書』第三章二節)

自然の恵みに、もともと「時(=定められた時期)」がある、ということです。


農業では、人が鎌を入れないと、麦の穂は地に落ち秋まで土に埋もれてしまいます。

あるいは、鳥に食べられ遠くへ運ばれるに任せる事になります。

実りを確実に収穫するには「時がある」。
流れに乗って新しい未来へ踏み出すには「時がある」。

ルノルマン占いでは、それが「鎌」の出た時なのです。

  • 切り捨てないと全体が朽ちる、収穫しないと価値を下げてしまう何かがある、ということ。
  • さらに、今、まさにその「時」が来ているということ。

「魚」は放っておいても、成長すれば、守られた入り江を卒業して、いつか大海に泳ぎだします。勝手に、または自分のやりたい時に、自然と過去を断ち切ります。
けれど、占って今、「鎌」が「魚」の前に出たということは、

それが今だ(自然にそうなるのではなく、あなたがその時を自覚するのだ)

ということなのです。

個々の占いではいろいろな解釈が

もちろん、個々の占いでは、具体的な状況に応じてその場にしっくりくる解釈があるものです。

読まれているあなたがこれまで占いの中で見つけてきた解釈を、否定するのではありません。わたしはそんなコワイ先生ではありません!

鎌(=刃物)と魚でお刺身がパッと浮かんだら、「その人が板前さんだった」ということもあるかもしれません(笑)。

そんな極端でなくても、例えば、
「自分らしくない夢を諦めて(鎌)、本当の自分を見つける(魚)」

といった場面もあるかもしれません。

本当の自分を探すための新たな道程は、よく旅に例えられますが、「魚」は旅行のカードでもありますから。

こうした連想、関連でぴったりな意味が天から降りてくることもあるでしょう。

今回のお話は、誰でもいつでも、インスピレーションに頼ることなく、間違いのない解釈に行きつくための道しるべを示したのです。

ルノルマンに限らず、カード占いは、カードが出た時点でそれは「言葉が示された」のですから、言葉はある程度までは素直に理性的に読んでみるのが良いと思います。

ただ、カード占いの「言葉」普段話している日本語やその他の話し言葉ではなく、「絵」や「記号」で示された言葉なので、解釈するには「カードという言葉」の仕組みや基本の習慣や、コツを身につけておくと楽チンなのです。

[鎌]と[魚]ナオミ・ノアのルノルマン占い

今日は「鎌」→「魚」と出た時のコンビネーションリーディングの問題と、それを解決する考え方をお話しします。

◆各カードのおさらい

目的のために自ら何かを終わらせる、でしたね。
その目的とはどんな?
もともとは収穫が、鎌を振るう第一目的でした。
人生に当てはめると、身軽になって新しい未来を歩み始めるというのも目的のひとつ。具体的にいえば、収穫が象徴するように、結果を確定して区切りをつける感じ。そして、転機、転職、断捨離……。

束縛されない自由と、その代わり自分だけを頼りに自立すること。
魚は群れで泳ぐことはあっても、組織的に結びついている様子は見られません(実際のところはどうなのか、生物学的にまだわかっていませんが)。そこから、個々が独立し、他者からの保証・保護には頼りません。

互いに支配しないから、そして海はどこへでもつながっているから、行きたいところへ自由に行く、自由な移動、旅行、となります。

つなげてみます

鎌と魚

今度は2枚をつなげてみます。
直訳的に意味をただつなげると、「鎌=切るべきものを切って」そして「魚=自由」になる、という感じですね。

でも、ちょっと待って。

普通、「何も切らずに」自由になれるものでしょうか。最初から何も持っていなかった人でもなければ。

「しがらみや、何かに頼って生きていた状態を断ち切って」からでないと、人は自由にもなれないし、自立もできません。
ということは、「魚」のカードの中にすでに、「切るべきものを切る」意味は含まれてしまっています。

あれあれ?

じゃあ、「収穫」のほうの意味が鎌かな?

そうですね、実際の具体的な占いの中には、「収穫」というキーワードがピンとくる何かがあって、そのあと自立するとか、そういう解釈がしっくりくる状況もあるかもしれません。
でも、それは個別の特殊な状況です。

一般的に考えて、
「収穫」して「自由、自立」
という文面は、なんだかつながりが不自然な気がします。

それもそのはず。

脱線?迷路に迷い込んだ?

「鎌」のカードがもともと象徴していたのは、麦の収穫です。
「のぎへん」の「穫」です。農業、土の上、陸地のカードです。

魚だって漁で獲るじゃない、「漁獲」っていうでしょ、って、漢字で書いてみても字が違うのです。「けものへん」。しかも、舞台は海や川や湖、水の中です。

場面でつなげてみても不自然なはずです。

強引に押し切ってみる?

確かに、「魚」はビジネスのカードですから、「収穫」と無縁ではありません。利益確定とか、会社の収益決算とかを具体的に意味することはあり得ます。
「魚」→「鎌」なら、「ビジネス」→「収穫」、とイメージできますね。
うんうん。
でも、今回は逆。
「収穫」してから「独立」、という筋書きが当てはまる場合はありそうですけど、それって本当に、資本金とか退職金とか遺産とかが絡むケースに限られそうです。

例えば、恋愛や人間関係で「収穫」って何でしょう。
無職の人や、退職金の出ない転職の場合は?

解釈がしっくりこない時は、いったん白紙に戻しましょう。


ここでいったん、「収穫」のキーワードは引っ込めてみましょう。

あわてて完全に否定する必要はありません。

そうすると、否定したことが今度は解釈を制限してしまいます。「収穫ではないとして……」と考えなくていいということです、この場合は。

行き詰まったことが、間違いか正解かわからない時は、

どちらとも決めつけず保留にするということが大切ですし、有効です。

後編へ続きますね。

ルノルマンカード【きつね】ナオミ・ノアの占い講座

最近の記事はカードとカードの関係を題材にすることが多いので、コンビネーションの参考になるかな。だといいな。と思い、2022年5月27日までの記事をまとめてみました。デイリー占いが毎日更新されるから、なおさら埋もれるんですよね。。

本当は今、鎌と魚の話を書いてるとこで、今日アップが目標だったのです。でも、まだまだなのです。


後編は記事の最後にリンクがあります。
後編は記事の最後のリンクから。
これは身体も心も辛かった時の「思い」なので、そういう話を読める気持ちの時に。

PAGE TOP